ママの印象を決めるカラー選び

幼いわが子が自分から離れて、初めての集団生活を送った園生活…。卒園式は、親子にとって次へのステップアップでしょう。

お子さんが主役なのはもちろんですが、ママも頑張った園生活が晴れやかな思い出となるように、卒園式のポイントを押さえてみましょう。

s卒園式ママポイント_013018_120745_PM

卒園式の服装は、セミフォーマルが基本で、黒やネイビー、ダークグレーなどの、落ち着いた色合いでまとめるママが多いようです。

ワンピースを選ぶ方が多いようですが、お子さんが元気だったり、下に小さいお子さんがいる場合は、動きやすいパンツスーツを選んでも問題ないでしょう。3月に行われる卒園式は、まだ寒い日もあるので、パンツスーツなら足元の防寒対策にもなります。

もし、新調を考えているなら、今後も活躍してくれて、着回し出来るスーツを選んでみてはどうでしょう。

3点から4点のセットスーツなら、組み合わせを変えて着回すことができますし、インナーのカラーや小物で変化をつけることで、印象が違ってくるでしょう。

式典などは、お住いの地域や、園によっても違いがあるようです。あれこれ悩んでしまう前に、先輩ママに様子を聞くと安心です。

小物使いでワンランクアップ

まだ肌寒い卒園式は、防寒着を着ていく方が多いと思います。また、卒園証書や記念品などの荷物もあり、持って行くバッグに悩んでしまうでしょう。

式典用にはフォーマルバッグか、冠婚葬祭用の黒や茶のバックが良いでしょう。

そして、コートや記念品を入れておく用に、サブバッグを準備しましょう。今は、フォーマルの場でも使えるサブバッグも売られているようです。

落ち着いた色合いの方が多い中で、お顔を華やかに見せてくれるコサージュは、ワンポイントに欠かせません。白やペールピンク、ベージュなどが、明るい印象を与えてくれるでしょう。

また、シルクスカーフをワンポイントにしても、アクセントになるでしょう。

ちょっと差を付けたいママは、生花のコサージュや、手作りのオリジナルコサージュをつけてみてはいかがでしょうか?

あれこれ準備しても、忘れがちな足元。ストッキングは肌の色に合った、ヌードカラーで靴はヒールのフォーマルなパンプスが良いでしょう。ストッキングは、予備で一枚持っておくと安心でしょう。

パパの服装も確認しましょう

近年は、パパの卒園式参加率がアップしているようです。ママの服装同様に、ブラックフォーマルやダークカラーのスーツが良いでしょう。白のワイシャツに、控えめな色のネクタイで落ち着いた印象を大切にしましょう。また、ベルトやソックス、コートや靴も黒で揃え、夫婦のバランスを考えて服装を選ぶことが大切でしょう。

久々にフォーマルスーツを着る場合は、ウエストなどのサイズ変化で着られないなんて事態もあります。事前に確認しておきましょう。

最後に

卒園式は、とても厳粛な式で、一人一人の卒業証書授与などがあり、時間も長いことが多いでしょう。

下のお子さんが小さい場合、預けられる方がいるならお願いしてしまう方が良いかもしれません。無理な場合は、パパに協力をお願いしましょう。

ぐずったり泣いてしまった場合、速やかに会場の外に出られる席に座るなどの配慮をして、卒園式に参加しましょう。