近年は、恒例行事となっている10月31日のハロウィン。

店頭には早い時期から、ハロウィンを盛り上げてくれるアイテムが並んでいます。

そして嬉しいのは、可愛らしいハロウィンアイテムが100円ショップでも、たくさん売られていることです。

sハロウィンアイテム手作り_092717_094440_PM

それらを上手に活用することで、ハロウィンリースが作れてしまいます!

リースを玄関やお部屋の目立つところに飾るだけで、秋らしい季節感も出せますし、ハロウィンをオシャレに演出してくれるアイテムでしょう。

ハロウィンアイテムは手作りで!

作り方はとっても簡単なので、リース作り初心者の方でも、簡単にハロウィンリースが作れます。

100円ショップで売られているリースの土台に、ジャックオランタンやハロウィン仕様の小物、さらには秋らしい造花の葉っぱなどお好みのアイテムを、ボンドやグルーガンなどで飾りつけすれば、あっという間に完成です。

お家のインテリアに少しハロウィンアイテムを取り入れるだけで、一気に楽しい気分にさせてくれるでしょう。

スポンサーリンク

飾るだけでお部屋がハロウィン仕様に!

ハロウィンパーティーのときは、お部屋をモビールやガーランドで飾りつけすれば、より一層ハロウィンムードたっぷりになるでしょう。

こちらの作り方も簡単なので、お子さんと一緒に手作りしてみたはいかがでしょう?

折り紙を半分に折り、左右対称になるように下絵を書きます。

ハロウィンアイテムの定番である、ジャックオランタンの他にも、コウモリやお化けなど、楽しみながら描いてみてください。書き終えたらそれをハサミで切り、穴をあけて糸を通せば完成です。

また、折り紙をフェルトに変えても作れますので、お好みの素材で仕上げてください。

切りっぱなしでも糸がほつれないフェルトは、切っただけで使えます。

フェルトはモビールやガーランドの飾りより、少し大きめに切れば、コースターとしても使えるので、活躍してくれる素材でしょう。

優しい雰囲気も演出してくれるし手作り感も出せるので、ワンランクアップのハロウィンアイテムになること間違いなしです。

100円ショップのアイテムも上手く利用して、ハロウィンアイテムを手作りすることで、また違った楽しみ方が増えるでしょう。

最後に

毎年、大盛り上がりのハロウィン。

夜のイベントも数多く開催されているようです。

しかしこの時期は、気温が下がり寒さを感じやすい時期でもあります。

お子さんと一緒の場合は、羽織るものも持ってお出掛けしてください。

仮装がメインとは言え、大人も寒さに負けてしまい体調を崩してしまっては楽しい思い出が台無しです。

無理は禁物で、一夜限りの素敵なパーティータイムを!