疲れ目には、目薬というイメージがあります。CMでも耳にしたことがある人は、多いと思います。

また、疲れ目なのか?人から目が赤いと指摘されているけど、本人は何も感じていないことも多いです。

d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s_110516_075955_AM

疲れ目とは、どのような症状をいうのでしょうか?対策などあるのでしょうか?

大事な目のために、調べて見たいと思います。

疲れ目の原因

疲れ目は、睡眠や目を休めると回復する「眼疲労」と、目の痛みやかすみ感・頭痛などの症状も伴う「眼精疲労」があります。

疲れ目の原因として最も多い要因は、矯正不良です。目が自分でピントを調整して見ようと働き筋肉を緊張させることで表れます。また、コンタクトレンズによるドライアイも増えています。

現代はインターネットが普及した時代で、目を酷使する機器がたくさんあり、長時間使い続けると疲れ目の原因になります。

そして、部屋の明るさ、作業距離、エアコンなどによる乾燥の環境の疲れや、ストレスが多い環境も疲れ目の原因になります。

スポンサーリンク

対策について

非常に効果的なのは目を温めることです。

市販品や熱めの蒸しタオルをまぶたにのせることで、リラックス効果も得られて一石二鳥です。また、入浴中の温かいシャワーをまぶたにあてることも、水圧が刺激になり効果的です。しかし、充血している際は、炎症を起こしているので、冷やすようにしてください。

その他にも、疲れ目には、目の体操や、ツボ押し、栄養補給、など効果があります。中でも、栄養の偏りや不足は健康だけではなく目にも悪影響を与えます。栄養バランスを考えて摂取することは目の健康にもかかわるので、毎日の食生活の見直しも必要です。

手軽な方法

疲れ目対策として、手軽にできるであろう事をこれからご紹介したいと思います。

最近よく聞くのが、「PCメガネ」です。ブルーライトが放出する光から目を守る効果があるとされているので、パソコン作業などが多い人は愛用者が急増しています。

また、疲れ目になりやすい、パソコンなどの機器を使用する先には部屋の環境にも気をつけると、疲れ目が軽減できます。(例えば、外光や景色、部屋の照明が写り込まない位置や角度に調整して使用することです。)

使いやすいものとしては目薬です。一番は眼科で処方してもうらのが良いのですが、市販でもたくさんの種類があります。

そして、一番手軽なのは、蒸しタオルと遠くを見ることです。遠くの景色を見ることを繰り返すと目がスッキリとします。

最後に

疲れ目を感じる人が多いので、市販の商品も数多くあります。市販の商品も上手に使うことで、疲れ目対策ができます。

しかし、普段の生活の中での疲労感やストレス、不安なども疲れ目の原因になるので、ひどくなる前の対処方法も必要になります。

また、女性の宿敵の弾力やシワ、たるみの原因にもなるので、気をつけたいと思います。