飼いやすい小型犬として大人気のミニチュアダックスフンド!

知名度が高く、犬のことをあまり知らない人でも、この名前を聞けば胴長短足を思い浮かべることでしょう。

c98d849eb2686c24745b4e5511307249_s_050718_111155_PM

そんなミニチュアダックスフンドには、どんな歴史があるのでしょうか。

そして、性格や身体的な特徴にはどんなものがあるのでしょうか?

是非、ワンちゃんを選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

どんな歴史があるの?

ダックスフンドは、中世に作りだされたとされています。原産国はドイツ。

英語読みでは「ダックスフンド」ですが、ドイツ語では濁らずに「ダックスフント」と発音します。

ドイツでは3タイプに分かれていて、みな猟犬として活躍しています。

中間の大きさであるミニチュアダックスフンドは、アナグマやウサギ狩りなどに適しているようです。

スポンサーリンク

どんな性格をしているの?

被毛の種類による3つのタイプ

ミニチュアダックスフンドには、被毛の種類によって3つのタイプがあります。

実はこのタイプによって、性格が違っていると言われているんです!

スムース・ヘアード(短くてツルツルした毛)

ミニチュアダックスフンド中で、一番明るい性格。陽気さが魅力で、人にも犬にもフレンドリーに接します。

飼い主にとても忠実なのが特徴です。

ロング・ヘアード(柔らかくてフサフサの毛)

とても温厚で、穏やか。殆ど怒ったりしません。人間に甘えるのが大好きで、常に誰かと一緒にいたいタイプ。

神経質なので、初対面の人を警戒するところがあります。

ワイヤー・ヘアード(クルクルした毛)

独立心が強いのが特徴で、知らない人やよその犬に吠えかかったりしやすいです。

とても気が強いのですが、家族や知っている人には陽気な性格が出てきます。

性別の違いによる性格の違い

更に、男の子か女の子かでも、性格が違ってくるようです。

男の子の性格

甘えん坊で、成犬になっても子供っぽく感じる。オスは縄張り意識が強いので、散歩中にケンカする事も多いでしょう。

家族を守ろうとする姿勢が強く、頼もしいです。

女の子の性格

男の子よりも吠える事が少なく、大人っぽい感じです。男の子よりも早く落ち着きが出て、男の子ほど甘えん坊ではないようです。

マーキングはあまりしませんが、たまに足を上げておしっこをする子もいます。

飼育で気をつけること

狩猟犬だけあり、運動量はたっぷり必要です。

胴長短足の体は、背骨への負担が心配。ですから、階段の上り下りはなるべく控えるようにしましょう。

垂れ耳なので、耳掃除をしてあげるようにしましょう。

最後に

大人気のミニチュアダックスフンドについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

公園でもよく見かける犬種で、子どもが散歩をさせていたりもしますよね。

明るくフレンドリーな性格は魅力ですが、無駄吠えをどうしつけるかがポイントになりそうです。

被毛によって性格が変わるなど、興味深い一面があるミニチュアダックスフンド。

探ればまだまだ魅力が見つかるかも知れませんね!