シャム猫と聞くと、どことなく上品な感じをイメージする人が多いかと思います。

美しいブルーの瞳やスレンダーな体つきは、見る人を魅了します。

6cb9d268d8fb215645063e077ad4931d_s_031818_044215_PM

実際に、歴史の中でも高貴な猫として位置づけられていたんです。

ここでは、そんなシャム猫の歴史や特徴についてお話をしていきます。

シャム猫の歴史

シャム猫は、1300年代のタイ王国の時代からいました。

この美しい猫を飼えるのは、王室や貴族などの由緒ある家柄の人だけでした。まさに高貴な猫という位置づけ。

その後、1884年にイギリス総領事のゴードンに寄贈されたことがきっかけで、イギリスに渡ります。

ロンドンのキャットショーに出たシャム猫は、その美しさが話題となり世界中に広がっていきました。

スポンサーリンク

シャム猫ってどんな猫なの?

身体的特徴

中型のオリエンタルタイプ。体重は3kg前後です。

頭は小さくくさび形。耳がとても大きく目立ちます。

毛色がとても特徴的で、顔の中央と耳の先端などに現れるポイントカラーには、茶色の度合いに応じて次のようなものがあります。

  • ブルー
  • ライラック
  • シール
  • チョコレート
  • レッド
  • トーチ
  • リンクス

毛色は、年齢と共に広がり濃くなる傾向にあります。生まれたての頃は白が多いですが、老猫になると全体的に濃くなります。

瞳は美しいサファイアブルーをしています。これは、シャム猫であるための必須条件!

シャムネコの繁殖力はとても高く、日本に入ってきたシャム猫は雑種猫とも交配したため、雑種猫の中にもシャム血が混ざったものが多いです。

性格的特徴

いたずら好きで活発なのが特徴です。とても元気に動き回りますので、家の中でも運動が出来る環境を作ってあげましょう。キャットタワーがあれば大丈夫でしょう。

また、警戒心は強い方です。我がままなので、扱いにくいと感じる人もいるかも知れません。ですが、それが猫の魅力でもありますし、慣れてくるとだんだん甘えん坊になっていきますよ。

決して一人でいたいわけではなく、安心出来ると判断した相手にはいっぱい甘えてきます。

寿命はどれくらい?

10~13年くらいです。飼い猫の平均寿命は年々伸びてきていて、一般社団法人ペットフード協会の昨年の調べでは室内猫の平均寿命は16.40歳でした。

野良猫は4年ですので、室内飼いが平均寿命を伸ばしていると言えますね。

長生きしてもらうためには、やはり食事に気をつける必要があります。人間と同じ塩分の多い味付けのものを与えていては、体を壊してしまいますよ。

また、食べ過ぎによる肥満も多く見られます。室内ではどうしても運動不足になり勝ちなので、ある程度餌の量をコントロールする必要があるんです。

そして、完全室内飼いをおすすめします。外に出していると、やはり交通事故やウィルス感染の危険が高まりますので、その分寿命も短くなってしまうからです。

最後に

高貴な猫とされていたシャム猫。今でも気品溢れるその姿に、たくさんの人が魅了されています。

シャム猫は難しい性格をしていると言われることもありますが、一度心を開いてくれればすごく甘えてくるんですよ。

細身でスレンダーな体や、美しいサファイアブルーは、いつまで見ていても飽きません。

飼うことに決めたら、食事や運動に気を配ることで一緒に過ごす時間を長くすることが出来ますよ。