日頃から、定期的に掃除を頑張っていても、ジメジメする梅雨の時期には、どうしても汚れやカビが目立ってしまいがちです。

普段の生活で使わない、下駄箱の上段や押し入れの奥などは、気が付かないまま、カビが大量発生していたりと、恐ろしい事態を招いてしまいます。

708e33ad085d404f1d2cc0f443fe83d8_s_040917_035026_PM

そうならないためにも、あらかじめ湿気対策を万全にしておいて、梅雨の時期にもお家をキレイに保ちましょう!

カビの発生を防ぐ、湿気対策のポイント

汚れやホコリを溜めない

一つ目は、汚れやホコリを溜めない、日々の掃除でしょう。

汚れが目立ってからでは、落とすのが大変で、お掃除することが面倒になってしまいがちです。そうなってくると、お掃除が面倒で、掃除嫌いの道に進んでしまうでしょう。

目についた所や気になった所などを、サッとお掃除するだけで、汚れやホコリが溜まらないはずです。

水滴や結露などの水分を拭き取る

二つ目は、水滴や結露などの水分を拭き取ることです。

やはり、水分はカビの原因になりかねません。窓の結露や、床に飛び散った水滴などは、こまめに拭き取ることを心掛けましょう。

お部屋の換気

三つめは、お部屋の換気です。

晴れた日などは、窓を開け換気をすることを心掛けてください。花粉が気になる季節や雨の日などは、除湿機などを使って対応するのもオススメです。

湿気対策とはちょっと離れてしまいますが、あまり会いたくないゴキブリは、換気されることを苦手としています。

ゴキブリの卵が家の中にあったとしても、寒い時期にも換気をしておくと、卵は寒さで死んでしまうので、孵化しないそうです。

湿気対策にもゴキブリ対策にもバッチリな換気は、忘れないように心掛けてみてください。

スポンサーリンク

カビの発生場所の掃除方法

浴室

水場である浴室は、一年中カビに注意したい場所ですが、湿気の時期はさらに注意が必要でしょう。

壁の上部や天井などに付いている水気は、柄の付いたモップやゴムスクイジーなどで拭き取りましょう。

また、壁面や床の目地はデコボコしているので、湯垢や人垢が残りやすい箇所です。

入浴後、冷水でよく流してから、水気を拭き取りましょう。

次の朝まで窓を開けておくか、換気扇を回しておくと、湿気対策は万全と言えます。

押し入れ(クローゼット)

押し入れを片方だけ開けていても、湿気対策としては、あまり効果がありません。

換気のためには、風の通り道が必要なので、左右2箇所以上空いていることが大切です。

さらに効果的なのは、スノコの利用です。スノコの上に布団や荷物などを乗せ、その両サイドと後ろにスキマを作ってあげることです。

梅雨の時期は、窓を開けていてもジメジメしてしまうものです。そんな時には、扇風機で溜まった空気を動かしてあげたり、除湿機を使ったりすることも大切です。また、除湿剤や消臭効果のある備長炭シートなどを、壁面や底面に敷くことも効果的です。

最後に

大切にしている衣類やカバンなど、カビで台無しにするのは避けたいことです。

自身や家族の健康を脅かすカビは、しっかりと除去したいものです。

皆さんも日々の湿気対策を心掛けて、ジメジメした梅雨の時期でも、カビに悩まない生活を送ってください!