アクアリウムをやっているとよく耳にする、プラインシュリンプという言葉。これは、魚に与える餌となるものです。

高たんぱく低脂肪のプラインシュリンプは、稚魚の餌にもピッタリ。

b060a065f527e2774cfd858b9264b774_s_021719_090622_PM

卵から孵化させるので、少し手間が掛かるのですが魚は大喜びしますよ。

それでは、ブラインシュリンプの孵化のさせ方をご紹介します。

ブラインシュリンプって、何?

まずは、ブラインシュリンプについて簡単にご紹介します。

別名アルテミアとも呼ばれる小型の甲殻類で、世界中の塩水湖に生息しています。

ブラインシュリンプの卵は、長期間保存することが出来るので、熱帯魚などの餌として人気があります。

ショップで売られているのは卵の状態であり、購入後に自分で孵化させなくてはなりません。

孵化には特別な装置は必要なく、誰でも出来るので安心して下さい。

28℃くらいの塩水で、24時間経てば孵化します。

とても栄養価が高く、大きさも小さいですので、稚魚の飼育に大活躍してくれますよ。

ただ、その栄養価は時間が経つと低下してしまいます。

ですから、孵化したらすぐに与える必要があります。

余りそうな場合は冷蔵庫で保存すれば、3日くらい栄養のあるまま保存可能です。

また、冷凍保存しても良いでしょう。

スポンサーリンク

ブラインシュリンプを孵化させる方法

2つの方法がありますが、どちらの方法でもまずは塩水を作ります。

水500mlに10gの塩を溶かしておきましょう。

皿式(少量用)

タッパーなど、平たい容器に塩水を浅く入れたら、ブラインシュリンプの卵を入れます。

水位が低いので、エアレーションの必要なく酸素が行き渡ります。

方法

器に、1cm程度の深さで塩水を入れる。

卵を入れる。

水温をなるべく28℃まで上げる。

ペットボトル式(大量用)

ペットボトルに塩水を入れて、その中で孵化させる方法です。この場合はエアレーションが必要となります。

エアレーションのためにエアポンプやチューブが必要となります。

方法

ペットボトルのキャップに穴を開け、エアレーションのチューブを通しておく。

ペットボトルに八分目まで塩水を入れる。

卵を入れる。

エアレーション開始。チューブが底に当たるようにして、しっかり循環させる。

加温は日光に当てることで可能です。

最後に

熱帯魚や金魚、メダカなど、色々な魚の餌として活躍するブラインシュリンプ。

今回は、ブラインシュリンプを孵化させる方法についてご紹介しました。

私も、以前飼っていたクラゲに与えていたことがありますが、水温を28℃まであげなくても孵化していました。

冬は暖房の利いた部屋に置いたり、ライトの上などに置いて水温を維持していました。

特に難しい事もありませんので、興味がありましたら一度挑戦してみると良いでしょう。