美白にこだわる人は、一年中日焼け止めが欠かせないことと思いますが、ズボラさんでも春先から夏の終わりくらいまでは、日焼け止めを塗っていることでしょう。

知人でお肌が炎症を起こしたり、日焼け止めを塗っても塗っても黒くなるという人がいるので、エステティシャン歴が長い知人に「結局何がいいの?」と聞いたことをまとめてみました。

大事なことはSPF値やPA値だけ?

ドラッグストアで日焼け止めを選ぶ際、まず気にするのはSPF値やPA値ではないでしょうか?

数値が高ければ高いほど効果がある、ということが頭の中に刷り込まれているからだと思います。

それは間違いではないですが、数値が高ければ高いほどお肌の負担も増えるということも知っておかなければならないことです。

数値が低いものを、こまめに塗り直すほうが負担は少ないとのこと。

原材料名を見ると、ほぼカタカナですよね。自然由来のものではないので、長時間お肌に密着していることを考えると、少し怖いですね。

s7951_032417_012406_AM

紫外線吸収剤は使用?不使用?

エステティシャンの知人は、お店で取り扱っている日焼け止めはすべて「紫外線吸収剤不使用のものだけ」と言っていました。

それまで気にしていませんでしたが、そんなものがあるのか、と初めて知りました。

紫外線吸収剤は、紫外線を肌表面で化学変化によって熱に変え、紫外線をお肌に浸透させないようにします。

一見すごく働き者!頼りになる!と思いがちですが、お肌の上で化学変化を起こしているわけですから、人によっては湿疹などの反応が出てしまいます。

紫外線吸収剤を使っていないタイプは紫外線散乱剤が使われています。

その名の通り、反射したり拡散したりして紫外線がお肌に吸収されないように働いています。

白浮きしやすかったり乾燥しやすかったり、デメリットもあるようですが、パッケージに「紫外線吸収剤不使用」とわかりやすく記載がある日焼け止めもよく見かけるようになりました。

メーカーもデメリットをなくす努力をされているのでしょう。重ね塗りすればするほどキラキラが増すラメ入りのものもあり、購買意欲をそそられます。

スポンサーリンク

そして、赤ちゃんにもOKと謳っている日焼け止めのパッケージにはほぼ「紫外線吸収剤不使用」と書かれています。

お肌への負担は紫外線吸収剤不使用のもののほうがはるかに軽いということがわかりますね。

私もたまに赤ちゃんや子供用の日焼け止めを購入することがあります。

sIMG_7948_032417_012230_AM

去年のものはNG

特にお顔につけるものは、毎年新しく購入した日焼け止めを使いましょう。

約1年近く保管していたものは、どんな化学変化が起こっているかわかりません。

もったいない、ということであれば、せめてボディ用として使いましょう。

お顔は、メイクもすることを考えると、負担に負担が重なりお肌が悲鳴をあげてしまいます。

私もパウダータイプの前年の残りを顔にポンポンとはたいていましたが、1週間くらいしたら頬が痒くなり、湿疹ができてしまいました。

やっぱりもったいないので捨てられないのですが、前年の残りは腕や脚にふんだんに使っています。

sIMG_7950_032417_012255_AM

最後に

いかがでしたか?焼けなければいいから何でもいいと思われるかもしれませんが、10年後20年後のお肌を想像してみると、やっぱりなるべく負担をかけたくないですよね。

紫外線吸収剤が入っているタイプもヨレにくい、長持ちなどメリットがありますが、お肌のトラブルは避けたいので、私は存在を知ってから紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使っています。

今のことだけではなく、先のことも考えて日焼け止めを選びたいですね。