夏になると、睡蓮の葉や花が水面を覆っているのを目にすることと思います。

美しいグリーンと色とりどりの花は、夏の暑さを忘れらせてくれるものです。

そんな睡蓮を、自宅で育てられるとしたらいかがでしょうか?

c3af63b2cec0fab613611046fe104898_s_032319_023142_PM

実は、初心者さんにも気軽に育てる事が出来るんですよ。

今回は、比較的難易度の低い、姫睡蓮に絞って栽培方法をご紹介します。

姫睡蓮って、どんな睡蓮なの?

姫睡蓮は、日本で越冬することが可能な温帯睡蓮の仲間です。

小型の温帯性睡蓮のことを指し、花の大きさは3cmくらい。とても可愛らしいんですよ。

1株で大体4~5輪の花を咲かせ、ひと夏に4~5回開花を楽しめます。

花の咲く回数は、その年の気温や日照時間によって左右されますし、株の個体差もあります。

一般的な睡蓮と比べて、株自体の大きさが小さいので、日当たりを確保出来れば屋内でもOK!

丈夫ですので、初心者さんでも安心して育てられますよ。

花が可愛らしいので、ベテランの間でも人気が高いです。

スポンサーリンク

ボウフラ対策には、小魚をおすすめ

夏に水を溜めておくと、やはり心配なのはボウフラですよね。

ボウフラが沸くのが気になる場合は、水中に小魚を泳がせてみましょう。

アカヒレやメダカなどがおすすめです。

水中の苔も食べてくれますよ。

姫睡蓮の育て方

日当たり

日光が大好きなので、半日以上日の当たる場所に置いてくださいね。

キッチンの窓辺や出窓、縁側など、ちょっとしたスペースでも日が当たれば大丈夫です。

黄色くなった葉っぱは取り除き、新しい葉っぱに光が当たるようにしてあげましょう。

水替え

水が濁ってきたと感じたら、水を交換してあげましょう。

大体一週間に一度くらいが良いです。

その時に一気に全部交換するのではなく、半分くらいの量を交換しましょう。

もし小魚がいるのなら、カルキ抜きをした水を入れるようにします。

植え替え

姫睡蓮の根が張ってきたら、植え替えましょう。

土を入れた鉢に植え替えてから、水の入った容器に沈めればOKです。

ほかの植物もそれぞれ同様に鉢に植えて沈めれば、複数の種類の植物を楽しめますよ。

おすすめの土は、田んぼの土です。または畑の土でも良いでしょう。

ホームセンターなどの、野菜用に売られている土でも大丈夫です。

冬越し、害虫病

冬越しは特に問題ありません。水切れだけ気をつけておきましょう。

丈夫で害虫病の心配もありません。

最後に

暑い夏に、水面に綺麗に咲いている睡蓮を見ていると、暑さを忘れることでしょう。

そんな睡蓮を自宅で育てる方法をご紹介いたしました。

温帯性睡蓮の仲間の姫睡蓮なら、初心者さんでも間単に栽培出来るんです。

場所を取らないので、室内のちょっとしたスペースで大丈夫。

ただし、日当たりにだけは気をつけてくださいね。

メダカやエビを泳がせると、とても可愛くて癒されますよ。