美しい色彩が魅力のコザクラインコは、見ているだけでも癒されます。

実際に飼ってみると、その性格の可愛らしさにもっと魅了されることでしょう。

ceab811d7bcfdeceea0adf868de0d4d3_s_092418_020532_PM

コザクラインコを飼うためには、いくつか必要な道具を揃えなくてはなりません。

ヒナから育てる場合の方法についても、ご紹介していきます。

ヒナから育てると、人間に懐きやすい

コザクラインコに限らず、ヒナから育てた鳥は人間に懐きやすくなります。

また、インコ同士で仲良くなってしまうと、人間を邪魔ものとみなす傾向があるので、1羽だけで飼うようにしましょう。

ただ、セキセイインコなどに比べると、懐きにくい所もあります。

一度懐けば、飼い主大好きの甘えん坊になりますので、とても可愛いですよ。

スポンサーリンク

必要な道具って何?

大人から育てる場合、必ず必要になる物は以下の通りです。

鳥かご

活発なので、少し大きいサイズが良いです。

止まり木

足が大きいので、太い方が良いでしょう。

食器

かごに付属の物でOK!

暖房器具

アフリカの鳥なので、寒がる場合は温めてあげましょう。

一般的なミックスの餌でOK!

青菜やボレー粉もあげましょう。

ヒナのお世話方法

ヒナから育てる場合は、大人とはかなり違います。

まず、飼育容器は水槽やプラスチックケースにしましょう。

そして、30℃くらいの温度をキープします。

ペット用のヒーターを利用すると良いでしょう。

ケースには新聞紙などを敷いておき、1日1回掃除をします。

ヒナ用の餌は、あわ玉+パウダーフードが7:3の割合がおすすめです。

好みもありますので、この割合はショップの人に聞いておくと良いでしょう。

栄養不足になるとその後の成長に大きく影響しますので、注意が必要です。

60℃くらいのお湯を入れて混ぜたら、10分くらいふやかします。

水中毒の危険がありますので、余分な水分は捨ててくださいね。

餌を与える時には、手の平にヒナを乗せてからスプーンを口に当てます。

餌が冷えていたら42℃くらいまで温めましょう。冷たいままであげると、体調を崩します。

1日3~5回くらい、「そのう」が膨れるまで与えましょう。

最後に

コザクラインコの育て方をお話しましたが、いかがでしたか?

ヒナから育てる場合は、とても手間がかかります。

毎回餌を作り、温度を確認して与えなくてはなりませんし、飼育容器も汚れやすいです。

ですが、大人になってから飼うよりずっと懐きやすく、一度懐いたら飼い主にベッタリな甘えん坊さんになりますよ。