カイコと言えば、絹を作り出す昆虫ですよね。

子どもの頃、小学校の課題で育てた事がある人も多いのではないでしょうか?

カイコは幼虫の頃から真っ白で、外見がとても美しいです。

6cb1fd67f5edfcbce6ba2fdcbc286ca3_s_040720_064434_PM

性格も穏やかで、大きな瞳と触角が愛らしいと人気です。

飼育セットも販売されており、気軽に飼育を始める事が出来ますよ。

それでは、カイコの飼育方法についてまとめてみます。

カイコって、どんな生き物なの?

チョウ目カイコガ科に分類される昆虫です。

カイコともカイゴガとも呼ばれています。

桑の葉を食べ、絹を作り出します。

野生回帰能力を失った家畜化動物で、野生には存在していません。

完全に人間に依存しており、エサが無くなっても自分で探しに行こうとはしません。

逃げだす事もなく、人間が世話をしないと生きていけないのです。

成虫は翅があるものの、飛ぶことは出来ません。

カイコの飼育方法について

エサ

カイコのエサと言えば、桑の葉ですよね。

家の周りに桑の葉があれば、それを採ってきて与え続けましょう。

幼虫の間はたくさん食べるのですが、成虫になった途端一切食べなくなります。

近所に桑の葉が無い場合、人工飼料も販売されています。

一度桑の葉を食べたカイコは、人工飼料を食べてくれないそうなので、与えるなら最初から人工飼料が良いでしょう。

飼育容器

紙の箱を使うと良いです。

私が子どもの頃は、学校で工作用紙を使って巣箱を作りました。

簡単な作りのもので大丈夫です。

プラスチックですと、湿気で水滴が付いたりするのでお勧め出来ません。

幼虫のお世話

とてもたくさん食べますので、いつも新鮮な桑の葉を用意してあげましょう。

私も子供の頃にカイコを飼育した時、せっせと桑の葉集めをしたものです。

家の周りを探すと、桑の葉は意外と見つかると思います。

先ほども書きましたが、集めるのが大変であれば人工飼料を利用しても良いでしょう。

脱皮の時期は食べませんので、与えなくて大丈夫です。

食べなくなったら脱皮が近いです。

脱皮不良を防ぐため、触らないように!脱皮直後も触っていはいけません。

糞やエサは、見つけたら捨てるようにしましょう。

成虫のお世話

全然食べなくなるので、エサは必要なくなります。

1度だけ尿を飛ばすので、服にかからないように気を付けましょう。

交尾をしますが、放っておくといつまでも離れないので、人間が離してあげましょう。

捻るようにすれば離れます。

糸を吐き始めたら箱から出そう

カイコが糸を吐き始めたら、たくさんの尿をします。

飼育していた箱から出して、新聞紙で作った筒に入れてあげると良いでしょう。

繭作りに2~3日かかり、3~5日で蛹になります。

2週間くらいすると蛾になります。

大きな黒い目と、モコモコの体が可愛らしいですよ。

最後に

カイコの飼育方法についてまとめましたが、いかがでしたか?

成虫になった姿は、とても可愛らしく癒しを与えてくれるでしょう。

今は飼育セットや人工飼料も販売されているので、手軽に飼育を始められますよ。

もし興味があったら、是非参考にしてみて下さいね。