各メーカーから販売されている、子供向けの入浴剤。

おもちゃ売り場や、スーパー、薬局などで目にすることがあると思います。

お風呂に入れると、シュワシュワと泡がでて、しばらくすると、ちっちゃなおもちゃが出てきます。

お風呂に長く浸かるのが苦手なお子さんでも、バスボムの力を借りれば、楽しいお風呂タイムに早変わりでしょう。

s-お風呂バスボム作り方_111917_095011_PM

もちろん大人も、炭酸ガスの効果で、血行が良くなるので、一日の疲れが癒され、ホッと一息できます。

しかしこのバスボム、たった1回なのに、なかなかのお値段です。

そこで、お子さんと一緒に手作りしてみるのはいかがですか?

材料はお手ごろ価格で購入できますし、すぐに準備できるものばかりです。

バスボム作りに挑戦!材料は数種類でOK!

材料

直径3センチ~4センチ程度のバスボム10個くらい

  • 重曹 100グラム
  • クエン酸 50グラム
  • 片栗粉 50グラム
  • アロマオイル 数滴 ※お好みで
  • 小さなプラスチックのおもちゃ
  • カプセルトイの容器
  • ボウル
  • 霧吹き
  • ラップ

作り方

  1. ボウルに分量の、重曹、クエン酸、片栗粉を入れます。
  2. 全体が混ざったら、水を少しづつスプレーします。
    この時、一か所にスプレーしてしまうと、シュワシュワしてしまうので、全体にしましょう。
  3. 全体を混ぜ合わせ、スプレーするを数回繰り返し、アロマオイルを数滴たらします。
    全体がしっとりとしてきたら、手のひらにのせ、おもちゃを入れて、ギュッと握りましょう。
  4. ラップにのせて、形を整えて、カプセルトイの容器に入れたら完成です。

お風呂に持って行ったら、ぬれている所に置いてしまうと、シュワシュワと溶けてしまいます。

ラップを外すのは、入れる直前が良いでしょう。

また、手作りのバスボムですので、湿気の少ない場所で保存して、出来るだけ早めに使うことをオススメします。

より入浴効果を高めたいなら、入浴剤も混ぜてみて!

お子さんが喜ぶだけではなく、ママにも効果的なバスボムにしてみてはいかがですか?

上記の材料に、ご自身がお好みの入浴剤をプラスしても良いでしょう。

高い保湿効果の無機塩類系や、血行促進が期待できる炭酸ガス系、香りと成分の生薬系。

毛穴の汚れに酵素系、カサカサ肌にはスキンケア系や、夏におすすめな清涼系と、入浴剤にはさまざまな種類があり、その効果も様々です。

他の材料と良く混ざりあうよう、粉末タイプの入浴剤を選んでください。

最後に

沢山の入浴剤があり、迷ってしまった場合は、期待できる効果だけで選ばずに、色や香りなどで決めると良いでしょう。ゆっくりとお風呂に浸かることで、また明日も頑張れますね。

バスボムを入れたお風呂の残り湯ですが、洗濯に使っても問題はありません。

入浴剤をプラスした場合は、商品裏面の注意書きを確認してください。