運動や重労働をしていなくても、夏の暑さは人から体力を奪ってしまいます。

疲れにくい体を作るには、やはり食生活の見直しが大切ですが、いきなり「今日から8時間寝る」「毎日必ず納豆を食べる」など目標を掲げても、仕事や家事で忙しい人はなかなか思い通りにいかないものではないでしょうか?

毎日忙しくても、飲むだけで疲労回復や美肌効果が期待できるビネガードリンクについてご紹介します。

sorange_042317_101352_PM

出来上がっていく過程も楽しめるビネガードリンク、簡単なので手作りしてみてはいかがでしょうか?

飲むとどんないいことがある?

ビネガードリンクとは、その名の通り酢の飲み物です。

酢そのものを飲むのは酸っぱすぎて辛いと思いますが、フルーツと合わせるととても飲みやすくなります。

酢は、レモンと同じくクエン酸が含まれています。

スポーツ選手が体力を回復させるためにクエン酸を摂取することからもわかるように、疲労回復効果があります。

またアミノ酸も豊富に含まれていて、新陳代謝をよくしてくれます。

体の巡りがよくなるので、お肌のターンオーバーを促進したり、便秘を解消したり、脂肪燃焼を助けたり様々な効果が期待できます。

特に黒酢は、酢の中でもアミノ酸含有量がトップクラスです。より高い効果を期待するなら黒酢を使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

作り方

材料

  • 好きなフルーツ 100g
  • 氷砂糖 100g
  • 酢 200cc

作り方

  1. 皮が分厚いフルーツは皮をむく
  2. フルーツ、氷砂糖、フルーツと交互に、熱湯消毒して乾かした保存容器に入れる
  3. 酢を注ぎ入れる
  4. 砂糖が溶けきり、フルーツを取り除いたら完成

毎日、振って混ぜ合わせましょう。

また、透明感を出したい場合は早めにフルーツを取り出しましょう。

材料は、1:1:2を守れば、量を変えて大丈夫です。

砂糖は、氷砂糖以外にも、きび砂糖や三温糖などお好きなもので大丈夫ですし、酢もリンゴ酢や黒酢などお好みのものにするのもおすすめです。

sapple_042317_101411_PM

リンゴ酢は、よりフルーティーになります。

おすすめのフルーツ

基本的には、どんなフルーツでも合います。

リンゴ、キウイ、オレンジは、季節を問わず用意でき、甘酸っぱさが酢とよく合うのでおすすめです。

数種類のフルーツを合わせてもいいですし、ダイエット効果があるといわれているバナナ酢、フルーツではありませんがミニトマト酢も体の内側からキレイにしてくれることでしょう。

甘いフルーツなら砂糖を控えめにするなど、手作りは調整ができるのが利点です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

混ぜて置いておくだけで、疲れも吹っ飛ぶ夏にぴったりの飲み物ができます。

シュワッと炭酸水で割ったり、イソフラボンが豊富な豆乳と合わせたり、好きな飲み方ができます。

ビネガードリンクで、暑さに負けない体づくりを始めてみませんか?