癒しの存在として人気を集めている苔玉は、園芸店や雑貨屋さんで買うものだと思っていませんか?

実は、初心者でも間単に作る事が出来るんです。

da432c209527bbcb7f122861130817c4_s_032019_014016_AM

美しいグリーンは人の心を癒すだけでなく、室内のインテリアとしても活躍してくれますよ。

今回は、初心者でも間単に作れる苔玉の作り方をご紹介いたします。

苔玉の魅力

苔というと、ジメジメした日陰の植物という暗いイメージをお持ちの方もいるようです。

実際その通りなのですが、よく見るととても美しいグリーンをしているんですよ。

苔を丸い形状にすることで、とても可愛らしい存在にしたのが苔玉です。

なんと、KokedamaやMossballという呼び方で、海外でも人気を集めているそうです。

お洒落なインテリアとして、海外でも活躍しているんですね。

苔玉は、基本的に丸い形状に作るのですが、特に決まった形はありません。

元々は盆栽の世界の「根洗い」を応用したもので、鉢がなくても崩れないようにしてあるのです。

苔だけで作るのも良いですし、盆栽のように植物を植えてみても良いですよ。

苔玉は、初心者でも間単に作る事が出来ますよ。

苔玉を作るキットも売られているので、そういった物を利用すれば本当に手軽に作れます。

キットには基本的に、苔・土・固定用テグスが付いています。

材料を自分で用意するにしても、特別なものは必要ありません。

金額的にも無理のない範囲で揃えられるので、思い立ったらすぐ始めてみましょう。

スポンサーリンク

どんな苔や植物を用意すればいいの?

自分で材料を集める場合、まず悩むのが苔や植物の種類ですよね。

おすすめをいくつか挙げてみますので、参考にしてみてくださいね。

初心者におすすめは、ハイゴケです。

湿度があればどこでも育つ苔で、普段活動している場所で見つけることが出来そうです。

日当たりが良い場所や半日陰の場所を探してみましょう。(違法採取はしないように!)

ハイゴケは乾燥に強く丈夫なので、管理が楽なのです。また、苔の形状から丸い形にしやすいです。

植える植物

モミジ、シダ、ポトス、アイビー、クロマツなど。

材料と作り方

材料:ハイゴケ、植える植物、土(ケト土7:赤玉土3)、培養土、テグスや木綿糸、器

作り方

  1. 苔についたごみを取る。
  2. 土と水を混ぜてこね、耳たぶの固さにする。
  3. 土をボール状にし、植物を植えるくぼみを作る。
  4. くぼみに培養土を入れ、植物を植える。
  5. ボールの周りに苔を貼る。土が見えなくなるまで貼って、はがれないようにテグスを巻きつける。
  6. 器に乗せて完成!

水はしっかり与えましょう

苔玉に植物を植えた場合、内部まで水を浸透させるようにしましょう。

それには、水を入れたボールに15~30分浸けると良いです。

最後に

インテリア性が高く、海外でも人気の苔玉について、簡単な作り方をご紹介いたしました。

材料も身近なものでOKですし、初心者でもすぐに始められるのが魅力ですね。

コロコロとした形状も可愛らしく、お部屋にあるだけで本当に癒されます。

作った後は日当たりの良い場所に置き、植えた植物に日光を当てるようにしましょう。

自分で作った世界に一つの苔玉を、是非可愛がってみてくださいね。