江戸時代の文献にも梅酒の作り方が記されていたと言う、日本人に健康酒として愛されている梅酒。

昔は、どこの家庭でも手作りしていた梅酒ですが、最近は気軽に購入できるので、漬ける方の方が少なくなってしまったようです。

しかし、自分で梅から仕込み、漬かるのを待って味わう梅酒は格別です。

s梅酒_080418_014919_PM

また、その年ごとの梅によって、味が変化するのも手作り梅酒ならではの楽しみ方でしょう。

ということで、今回は、梅酒の作り方と梅酒の効果・効能をまとめてみました。

自分だけの梅酒を作ってみよう!

材料(作りやすい分量)

  • 青梅 1kg
  • 氷砂糖 600g~1kg
  • ホワイトリカー 1.8L
  • 4リットルの保存びん
    しっかりと密閉できて、アルコールや酸に強いガラス瓶が良いでしょう。

作り方

  1. 青梅を流水でよく洗います。

    実に傷がつかないよう、やさしく洗い、ザルにあげて水気をきります。

  2. ふきんで水気を拭き取り、ヘタを竹串などで取ります。
  3. 保存瓶を熱湯などで消毒します。
    きれいに洗ったら、60度~70度のお湯を注いで瓶を温めます。
    お湯を捨てたら、瓶の内外に熱湯をまわしかけ、水気をきって乾かします。
    水洗いした後に熱湯をかけると、割れたり、ひびが入ったりする原因になってしまうので、注意してください。
  4. 青梅と氷砂糖を交互に重ね入れ、ホワイトリカーを注いで蓋をします。
  5. 冷暗所で保存し、氷砂糖が溶けきるまでは、週に1回くらい、瓶をゆすってなじませましょう。

飲みごろの目安は、3カ月後くらいからでしょう。1年置くとコクが出て、まろやかな梅酒になります。

長く保存したい場合、入れた梅は、1年程度で取り出しましょう。

スポンサーリンク

梅酒を飲むだけでプラス効果がいっぱい!

疲労回復、血行促進、胃腸強化

毎日少しずつ梅酒を飲むことで、血行が促進されるので、疲れが溜まりにくくなるでしょう。

血行が良くなるので、胃腸の働きが活発になり、便秘も解消されるでしょう。

冷え性、不眠症

冷え性やストレスで、なかなか寝つけない不眠症には、眠る前に梅酒を飲むと良いでしょう。

梅とアルコールの相乗効果で、血行が促進されるので身体が温まり、 ピリピリしている神経もやわらいでくれるので、ぐっすり眠れるはずです。

腹痛、下痢

血行が促進されて、胃腸の働きが整います。腹痛や下痢も落ち着いてくれるでしょう。

いずれの症状の場合も、お酒が得意じゃない方は、お湯で割って梅酒を飲むと良いでしょう。

最後に

梅酒には、疲労回復や整腸作用など、さまざまな効果があります。

梅の有効成分が、たくさん染み出ている梅酒は、健康酒であり常備薬とも言えるでしょう。

しかし、効果があるからと言って、飲み過ぎは良くありませんので、ご注意ください。