シールを貼るときは簡単ですが、はがそうとするとなかなか難しいです。

お子様があちこちにシールを貼り付けてしまい、困っているご家庭もあるのではないでしょうか?

2988fefe61c039d9cf82a7bb28baee83_s_012017_113243_PM

また、瓶のラベルをはがすときもできるだけベタベタを残さず、きれいにはがしたいですよね。

ここではそんなときのために、手軽なシールのはがし方をご紹介いたします。

方法1.ドライヤーを当てる

シールは粘着面が高い温度から低い温度になることで、粘着性が高まります。つまり、逆に熱を加えるとシールの粘着性は低くなり、簡単にはがれやすくなるのです。

この方法は、ビニールや金属製のものなどに有効です。

どこにドライヤーを当てるのかというと、シールの接着面です。シールを少しだけめくり、そこにドライヤーを当て続けましょう。

シールの接着剤の力がだんだん弱まってくるので、そのままドライヤーを当てながら少しずつはがしていけばOKです。

スポンサーリンク

方法2.家庭用の中性洗剤を塗る

紙製のシールをはがすのに適しています。

やり方は簡単で、中性洗剤をシールに塗ったあと、ラップをして10〜20分置いておくだけです。

少しずつゆっくりはがしていけば、ベタベタも残さずきれいにはがすことができます。これは中性洗剤に含まれる界面活性剤がシールと粘着面の間に隙間を作り、はがれやすくするからです。

ただし、塗装加工されたものにこの方法を試すと、変色する恐れがありますのでご注意ください。

方法3.お酢を塗る

お酢は酸性なので、粘着物質を溶かす働きがあります。

脱脂綿やティッシュなどにお酢をたっぷりと付けたあと、シールにくっ付けて放置しましょう。数分待てば、シールの端の部分がめくれてきます。

ちなみに、この方法を実行する前にドライヤーを当てることで、よりきれいにシールをはがすことができます。

方法4.ハンドクリームを塗る

ハンドクリームもシールをはがす効果が期待できます。

使用するハンドクリームは、水分が多いものがおすすめです。

ハンドクリームをシールにたっぷりと塗ったら、数分間待ちましょう。ペロッときれいにはがすことができるようになります。

方法5.消しゴムでこする

シールを消しゴムでこするだけで、手軽にシールをはがすことができます。

大きめのシールをはがすには向きませんが、紙製のものでも使える方法なので、ノートに貼ったシールや中古本の値札シールをはがすときにおすすめです。

最後に

シールのはがし方をご紹介しました。

どれも手軽に取り組める方法なので、お困りのときはぜひ取り入れてみてくださいね。