食虫植物と言えば、代表的なハエトリ草をイメージする人が多いことでしょう。

ですが、他にもとてもたくさんの種類があるんですよ。

食虫植物は、植物でありながら動物を取りこんで消化吸収してしまうという、本当に不思議な生物です。

興味があるけど育てるのが難しそう、と思っている人がいたら、サラセニアという種類をおすすめします。

ed2dcaf61ef72e014222a02bfac04557_s_031119_110832_PM

日本の気候で育てやすく、初心者でも失敗が少ないからです。

どうぞ参考にしてみてくださいね。

サラセニアって、どこで手に入るの?

面白い形の葉や花で、見る人を釘付けにするサラセニア。

一体どこで入手出来るのかというと、夏にホームセンターや園芸店で手に入ります。

輸入雑貨のお店に並んでいることもありますよ。

もし近くにそういったお店がなかったり、季節的に手に入らない場合には、ネット通販が便利です。

食虫植物専門のネット通販なら、状態の良いものが届くので安心ですよ。

サラセニアの栽培環境

日光を好む植物なので、一年を通して日当たりの良い場所に置きましょう。

ただし、真夏の直射日光は強烈ですので、葉が焼ける場合があります。様子を見て遮光ネットを使用しましょう。

日本の気候で育てやすいので、地域によっては一年中屋外でも大丈夫です。

冬は地上部が枯れますが生きています。凍らない場所に置いておけば良いでしょう。

風に気をつけてください。強い風によって、筒状の葉が折れる事があります。支柱を上手く使ったり、風を防げる場所に置くようにしましょう。

雨水が入っても折れる事があります。軒下など、雨水が入らない場所に置きましょう。

どんな土を使えばいいの?

サラセニアに使う土は、パーライト、ピートモス、水苔、鹿沼土、赤玉土、日向土などが良いでしょう。

水苔だけでも大丈夫ですが、これらを混ぜて使うと用土が長持ちしますよ。

肥料はあげなくて大丈夫です。むしろ肥料によって調子を崩したりします。

水やりと、植えかえ時期

サラセニアは湿地の植物なので、ジメジメした場所が大好きです。

ですから、栽培には「腰水」という方法をとります。

水を2~3cmほど入れたお皿に、植木鉢を乗せておくのです。

植え替えのタイミングは、寒い時期がベストです。

この時に、土に埋まってる所を折れば株分け出来ます。

ですが、弱っている株ではやらないようにしましょう。

最後に

日本の気候で育てやすい食虫植物「サラセニア」について、その育て方をご紹介したしました。

食虫植物には、とても難易度の高い種類もたくさんあります。

ベテランでも枯らしてしまうような種類もあるのですが、サラセニアなら初心者にも育てやすくおすすめですよ。

夏になればホームセンターなどで手軽に入手出来ますし、とてもユニークな花は子供が見ても喜ぶでしょう。

興味がある方は、是非挑戦してみてくださいね。