イヌのように、ネコにもお手を覚えさせている人がいるようです。

私もネットの動画で、お手をしているネコを見てビックリしたことがあります。

確かに、ネコも結構利口なので、教えたら覚えそうですよね。

3af144204e4f7bfaa600bb96a6e60be9_s_111419_121355_PM

でもイヌと同じような教え方で、覚えてくれるのでしょうか?

ネコならではの覚え方があるのでしょうか?

ここでは、ネコにお手を覚えて貰う方法をご紹介いたします。

ネコにはネコの覚え方がある

ご存知の通り、イヌは社会性のある動物で群れを作って暮らしています。

そして、群れのリーダーの命令には従う習性があります。

でもネコは違います。

単独行動の動物であるネコは、一人でいることを好みます。

誰の命令も聞きませんし、そもそもリーダーなど存在しません。

自分の興味のあるものにしか、反応しません。

ですから、イヌと同じ方法で覚えさせるのは難しいでしょう。

ネコにはネコ用の教え方があるのです。

ネコに芸を覚えてもらうには?

それでは、ネコにお手などを教える方法をまとめてみます。

ひたすら反復練習

同じ動作を何度も反復練習する方法です。

お手を教える時、おやつを使うと効果的です。

練習をするタイミングが大事で、お腹が空いている時が良いのですが、空腹過ぎると集中出来ません。

小腹が空いている、程度のタイミングが良いでしょう。

まず「お手」と言って、猫の手を飼い主の手に乗せます。

そして、おやつをあげましょう。

この時、「お手」という言葉をハッキリ発音することが大事です。

「お手」という言葉と行動が、おやつと結びつくまで何度もやりましょう。

クリッカーを使う

クリッカー(カチッと音が鳴る玩具)を使う方法です。

猫に、クリッカーとおやつを見せます。

そして、クリッカーを鳴らすと同時におやつを与えます。

これにより猫は、音とおやつを結びつけることが出来ます。

音とおやつの関連付けが出来て、クリッカーの音が心地良く感じるようになったら、30cmくらいの棒を猫の鼻先に近づけます。

そして、棒を鼻にくっつけてクリッカーを慣らします。

猫は、棒が鼻につくと心地良い音が鳴ると覚えます。

次に、棒の位置を高くしていきます。

猫が棒に手を伸ばして触ったら、その瞬間に音を鳴らします。

これを繰り返していき、最終的にはクリッカーの代わりに「お手」という言葉に変えます。

ネコの集中力は短い

ネコの集中力は、人間よりもずっと短いものです。

すぐに飽きてしまいます。

ですから、1回のトレーニングの時間は5分以内にしましょう。

あまりしつこいと、嫌われてしまいます。

最後に

ネコにお手を覚えてもらう方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ネコだって、イヌのように芸を覚える事が出来るんです。

ただ、イヌのようにリーダーの命令を聞くという習性がありません。

イヌのような根気もありません。

ですから、ネコにはネコ用の教え方をする必要があります。

ネコも結構利口な動物です。

毎日続けていれば覚えてくれるので、試してみてくださいね。