犬や猫を飼っているお宅では、オモチャとしてぬいぐるみを与えている場合が多いですよね。

我が家の猫にも、ぬいぐるみが大好きな子がおり、寝床に持って行ったり、チューチュー吸ったりしています。

ペットとぬいぐるみが一緒にいる様子は、とても微笑ましく見ていて思わず笑みがこぼれます。

そんなペットのぬいぐるみ、定期的に洗っていますか?

701a7e8bf012b74dacc361aa90fd8470_s_091318_103957_PM

汚れがついたり、ゴミが絡みついたりしていませんか?

犬や猫はぬいぐるみを咥えたりしますので、唾液も結構吸いこんでいます。

綺麗にしてあげたいけど、洗剤を使うのはちょっと心配ですよね。

そこで今回は、安全なぬいぐるみの洗い方をご紹介します!

結構汚い、ペットのぬいぐるみ

ペットが大事にしているぬいぐるみは、汚れがついていないからと言って安心してはいけません!

目に見えない「雑菌」がたくさん潜んでいるんです。

ペットの唾液により、ぬいぐるみは湿ります。その状態は雑菌が増えやすい環境となります。

雑菌だらけのぬいぐるみをペットが咥えたら、口から雑菌が入って行くことになりますね。

ペットだけではありません。

人間に有害な菌が含まれていたら、体調を崩す原因になってしまいます。

きちんと洗う事で、これらの雑菌は激減するのです。

是非、定期的に洗濯してあげてくださいね。

ぬいぐるみを洗濯しよう!

定期的に、と書きましたが、それは大体1~2週間に1度くらいのペースが望ましいです。

衛生的なのは天日干しをすることなので、天気の良い日を狙って洗いましょう!

洗濯機で脱水してから干すと、早く乾きます。

犬 電動 おもちゃ 犬おもちゃ 音が出る ぬいぐるみ 犬噛むおもちゃ ふわふわ 犬おもちゃ動く ストレス 運動不足解消 小中型犬 (Happy ブルー)
HaveGet

何で洗えばいいの?

ぬいぐるみは、ペットの口に入るという前提で洗わなくてはいけません。

ですから、なるべく安全な方法で洗うことをおすすめします。

界面活性剤が含まれていないもので洗うと良いでしょう。

具体的に挙げてみますね。

重曹

犬独特においを消せます。軽い汚れなら落ちますし、すすぎが楽!

クエン酸

重曹で洗った後、仕上げにクエン酸を使うことで、ふわふわの仕上がりになります。

セスキ炭酸ソーダ

重曹よりも汚れを落とす力があります。でも体に安全なのでおすすめです。

固形洗濯石鹸、ぬいぐるみ専用洗剤

天然成分の物を選びましょう。

ぬいぐるみの洗い方

水に濡らす前に、ぬいぐるみについた埃や抜け毛を取ります。

その後、重曹やセスキ炭酸ソーダを混ぜたお湯に数時間つけておきます。

もみ洗いをする時は、出来るだけ優しく。

最後に脱水をして干しましょう。

最後に

ペットのぬいぐるみの洗い方についてお話をしましたが、いかがでしたか?

重曹やクエン酸は体に優しく、私の息子が赤ちゃんの頃にオモチャを洗うのに使っていました。

重曹やクエン酸を買う時は、食品グレードの物を選とより安心ですよ。

セスキ炭酸ソーダはアルカリウォッシュとも呼ばれているものです。

汚れがよく落ちますので、我が家でも重宝しています。

ペットがあまり口に咥えたりせず、軽く汚れてる程度でしたら、ぬるま湯で洗って干すだけでもOK。

愛するペットのために、雑菌をやっつけましょう!