動物園や子供向けイベントなどで見かける、「動物ふれあいコーナー」。

そこには必ずと言っていい程、モルモットが居ます。

手の上に乗る手頃なサイズ、フワフワした毛並み、黒くてまん丸の目。

74d872de326ac6dbe83589599d97b9ae_s_122318_110318_AM

可愛い要素がいっぱいのモルモットは、昔からペットとして愛されてきました。

今回は、そんなモルモットの飼育方法についてお話をしていきます。

モルモットって、人間に懐くの?

モルモットは、とても穏やかな動物です。そして警戒心が強く臆病だと言えるでしょう。

優しく接していると、飼い主によく懐きますよ。

時には、猫のように喉を鳴らして喜びを表現したりもします。

また、名前を覚えるので、呼ぶと反応してくれるのが可愛いです。

飼育ケージの選び方

モルモットは、排泄量が結構多いです。

ですから、ケージの形状はシンプルなものにしましょう。

掃除がしやすいデザインでないと、汚れが溜まって不衛生になってしまいます。

大きさとしては、幅60cmで高さは40cmくらいが良いです。

これはモルモット1匹あたりの広さです。

ちなみに、モルモット用という名前で売られているケージはあまりありません。

ウサギ用ケージを使って飼育すると良いでしょう。

モルモットって、何を食べるの?

食事は、1日2回与えるようにしましょう。

モルモットの主食となるのは、モルモット専用ペレットです。

それと牧草、野菜を組み合わせて、毎日与えるようにしましょう。

牧草はたっぷりとあげてください。

モルモットが好きな野菜は、小松菜、レタス、キャベツ、ニンジン、ブロッコリー、大根の葉っぱ、白菜など。

レタスのように水分の多い野菜は、食べ過ぎると下痢になるので注意しましょう。

慣れてくると、野菜を手から受け取って食べてくれますよ。

モルモットにあげてはいけない食べ物があります。

それは、ネギ類、アボカド、チョコレート、コーヒーなど、刺激の強い食べ物です。中毒を起こし、死亡する可能性も!

また、人間の料理を分け与えるのもNG!濃い味付けはモルモットにとって危険です。

ケージに入れる物って、何?

飼育ケージに入れる物を、挙げていきます。

巣箱

安心して睡眠がとれる場所を設けてあげましょう。それが巣箱です。

モルモット1匹がスッポリ入れるサイズが良いです。

巣箱は木製がおすすめ。かじる事で、歯の伸び過ぎ防止につながります。

床材

底には、あすぺん材をおすすめします。

牧草よりも手間がかからず、スギやマツのようにアレルギーの心配をしなくても良いからです。

すのこを敷くのも良いでしょう。

給水ボトル、食器類

水は給水ボトルを使うと衛生的です。

オモチャ

ペットショップに行くと、かじり木や牧草ボールなどが売られています。

モルモットはかじるのが好きなので、そういうオモチャを与えてあげましょう。

最後に

今回は、モルモットの飼育に必要な道具をご紹介しましたが、いかがでしたか?

特殊な道具などは必要なく、どこでも間単に手に入るものばかりです。

飼育を始めたら、2週間ほどは抱っこするのは控えて、ゆっくり過ごさせましょう。

とても臆病な動物ですから、時間をかけて慣れてもらうようにしましょうね。

慣れてきても、スキンシップは1日1時間くらいが限度だと思っておきましょう。