猫を飼う時、子猫から飼う人が多いようですね。

新しい環境に迎え入れて、まず覚えて欲しいのが「トイレの場所」です。

猫にトイレの場所を覚えさせるのは、結構簡単なんですよ。

ebc240111ac8da93377a5fa1a3731127_m_060418_111113_PM

我が家では7匹の猫にトイレを覚えてもらいましたが、特に苦労した記憶がありません。

でも猫を初めて飼育する人にとっては、不安なことの一つですよね。

そこで今回は、子猫のトイレトレーニングについてお話していきたいと思います。

トイレトレーニングの時期って、いつ?

結論から言うと、生後3~4週間くらいです。

猫は赤ちゃんの頃、自分で排泄が出来ません。

ではどうしているのかと言うと、母猫がお尻を舐めて刺激し、排泄を手助けしてあげているのです。

それが次第に自力で排泄出来るようになっていきます。

その時期が、生後3~4週間くらいなのです。

また、動きも活発になりますので、トイレへの移動もスムーズに行えるようになります。

スポンサードリンク

トイレトレーニングの方法

どうやってトイレを覚えてもらうかと言うと、子猫が排泄をしたがっているサインを見つけるのです。

  • 急に遊びを止めて、辺りをウロウロ歩き回る。
  • 床を嗅ぐような仕種をしながら、何かを探している様子を見せる。

このような行動が見られたら、子猫を抱き上げトイレに乗せてみましょう。

上手に出来たら褒めてあげてくださいね。

この行動は、慣れない内は見逃してしまうかも知れません。

慣れている私でも、家事をしている間に用を足してしまった、という事が何度かありました。

でも、慌てなくて大丈夫ですよ。

次にサインを見つけた時に、トイレに連れて行けばいいだけのことです。

うちの猫の場合、次は自分でトイレを見つけてくれました。

砂のある場所をあらかじめ教えておけば、大抵の場合そこでしてくれます。

ですが、普段遊んでいる部屋からあまりにも遠くはなれていると、子猫は迷ってしまいます。

最初のうちは、子猫の近くにトイレを設置してあげると良いでしょう。

トイレには、排泄物を少し入れておくと良いです。

猫は自分の排泄物のニオイがする場所で用を足すからです。

根気強くおこなうこと!

トイレトレーニングで気をつける点と言えば、失敗した時に怒らないことでしょう。

子猫にとって初めての事ですから、失敗して当たり前くらいに思っていてください。

決して、叩いたり怒鳴ったりしないでくださいね。

「トイレ=いけない事、怖い事」と認識してしまいます。

一度そう認識すると、飼い主に隠れてコソコソと用を足すようになってしまいますよ。

トイレトレーニングどころではなくなりますので、絶対に叱らないように!

粗相をした場所は、徹底的に消臭しておきましょう。

最後に

子猫のトイレトレーニングについてお話しましたが、いかがでしたか?

子猫にトイレを教えるのは、思っている以上に簡単だと思います。

猫は砂があるところで用を足したいと思っているので、砂がある場所を教えてあげるだけで大抵うまくいきます。

トイレは部屋の隅など、落ち着く場所に設置しましょう。

最初のうちは、子猫の近くに設置してあげると失敗が少ないと思います。

一番大切なのは、失敗しても叱らないこと!

これを守り、根気強く教えればきっと覚えてくれますよ。