毛が伸びやすい犬種の場合、トリミングして貰いに美容室に通うことも多いことでしょう。

ですが、顔周りの毛だけをカットしたい場合、自宅で簡単に済ませたいと思いませんか?

6218c088d8a01c983bc7cbe7d292799a_s_090918_024508_PM

実は、ちょっとしたコツを押さえれば、自分でも愛犬の顔周りの毛をカット出来ちゃうんです。

今回は、愛犬の顔の毛をカットしたい飼い主さんのために、その方法をご紹介します。

カットの前に準備するもの

まず、トリミングに必要な道具を揃えておきましょう。

コーム

櫛のことです。

幅の狭いものと広いものがありますが、両方揃えておくと良いでしょう。

療法が1本にまとまった商品もあるので、そういったものもおすすめです。

カット用ハサミ

細長いハサミを使ってカットしていきます。これは必ず必要です。

普段使っているハサミでは、上手くカット出来ないです。

それは、静刃と動刃の使い分けが出来ないためです。

梳きバサミ

毛の長さは変えずに、量だけを減らせる効果があります。

長毛種や厚いコートを持つ犬種に役立ちます。

夏に、暑さ対策で毛の量を減らしたい場合にも重宝します。

ミニバリカン

使う時に力を入れると、皮膚が傷つき危険です。

コツは、空中を動かすような感じで使う事です。

スポンサーリンク

顔周りの毛のカット方法

部分別のカット方法をご紹介する前に、ハサミの基本的な使い方を説明しますね。

まず、ハサミの下側の刃がカットしたい部分に当たるようにします。

そして上側の刃だけを親指で動かしてカットします。

顔周りはデリケートな場所です。

刃先が目の方に向かない方に、十分注意しながら進めていきましょう。

目の周り

コームでかき出した毛の内、目にかかる部分だ毛をカット。

一気にたくさん切るのではなく、少しずつ切るとスタイルが崩れにくいでしょう。

梳きバサミを使うと良いでしょう。

口の周り

口の周りに毛がたくさんあると、食べカスがついて不衛生になります。

ですから、気になったらカットしてあげると良いでしょう。

カットする時は、舌がペロペロ出て来ると思いますので、舌を傷つけないように気をつけましょう。

口のラインにそって、カットしていきます。

そのまま耳につながるように、カットしましょう。

最後に

犬の顔周りの毛のカット方法について、お話をしてきました。

参考になったでしょうか?

目の周りや口の周りは、伸びてくると特に気になる場所ですよね。

気になる度にイチイチ美容室に行くのも大変。

おうちで気軽にカット出来たらいいのに、と考える人も多いです。

カットする場合、刃先の向きにはくれぐれも注意して下さいね。

犬が突然振り向いたりすると、大変危険だからです。

また、切れ味の悪いハサミを使うのも危険です。

良い道具を揃えると、長く使えますよ。