日本は今、空前の猫ブーム!

猫を飼っている人が、とても多いそうです。

猫を飼う場合、子猫から育てるという人も多い事でしょう。

子猫は、適切な食べ物を適量与えていれば、どんどん体重が増えていきます。

25660333c7d0403d51ae47012a787966_s_090918_010045_PM

ところが、中には思うように体重が増えないといったこともあります。

いつまでも小さいままだと心配ですよね。

そこでここでは、子猫の体重が増えない原因と対策について探っていきたいと思います。

どうして子猫の体重が増えないの?

猫は、生後1年かけて大人の体になります。

その1年の間に、子猫の体重はどんどん増えていくものなのです。

ですが、あまり体重が増えなくて困ってしまうケースもあります。

体重が増えない場合に考えられる原因をあげてみます。

年齢に合わないフードを与えている

子猫に与えているキャットフードを確認してみてください。

それは子猫用でしょうか?

もし成猫用でしたら、栄養不足になっている可能性があります。

子猫はものすごい勢いで成長しますので、たくさんのエネルギーを必要とします。

ですから、子猫専用のフードを与えるようにしましょう。

ストレスで食欲が落ちている

猫はストレスで食欲不振に陥る事があります。

これは人間でも同じですよね。

では、猫にとってどんな事がストレスになるのか挙げてみますね。

生活環境が変わった

猫は、環境が変わることが苦手です。

例えば、引っ越ししたとか、家具を新調して配置を変えたとか。

または、結婚や出産によって家族が増えた場合も、ストレスになります。

何か変化があった場合は、なるべく前の状態と同じ環境を作ってあげるように配慮しましょう。

うるさくて落ち着かない

猫は静かな場所が好きです。

小さい子どもがいる家では、突然の大声などでストレスが溜まることでしょう。

出来れば、猫だけで静かに過ごせる空間を作ってあげると良いでしょう。

そうでなければ、キャットタワーや棚の上など、誰にも邪魔されない場所を用意してあげましょう。

運動不足

運動不足でもストレスが溜まってしまいます。

猫は広さよりも、上下運動が出来る空間を必要とします。

キャットタワーを設置したり、飼い主が遊んであげたりすると良いでしょう。

コミュニケーション不足

単独行動の動物である猫も、あまりにも放置されていたら寂しくてストレスが溜まります。

時間を見つけて、一緒に遊んであげるようにしましょう。

病気

糖尿病や甲状腺機能亢進症、寄生虫が原因で体重が増えない場合もあります。

心配な場合は、動物病院で診察を受けましょう。

スポンサーリンク

体重を増やすための対策

体重を増やすためには、原因に挙げたことを考えていく必要があります。

キャットフードは、月齢に応じた量と回数で与えましょう。

栄養があまりないおやつは控えめにし、しっかり子猫用のフードを食べさせましょう。

ストレスが原因の場合は、生活環境を見直したり、飼い主が構ってあげると良いでしょう。

最後に

子猫の体重が増えない原因についてお話をしてきましたが、いかがでしたか?

本来ならどんどん体重が増えるはずなのですから、増えないのは何か原因があります。

何か心当たりのある原因があったら、それを解消してあげれば体重が増えるかも!

原因が思い当たらない場合は病気の可能性もありますので、動物病院で診察してもらう事をおすすめします。