猫背になりやすい原因って?

パソコンを使ってのデスクワーク、それ以外にも、日常でタブレットやスマートフォンを使うことが増え、私達の姿勢は悪くなっていくばかり…。

椅子に座る姿勢が悪い人はもちろんですが、あぐらをかいて座る人も、姿勢が悪くなりやすいようです。

猫背になってしまうと、身体に悪いことだらけです。姿勢を正すことでインナーマッスルも鍛えられるので、ダイエット効果が期待できます。

s-ダイエット姿勢猫背_021518_102010_PM

日常生活での意識を変えるだけで、ダイエットもできてしまいます。姿勢を意識して、キリッと素敵なスタイルを保ちましょう!

見た目にも身体に悪い猫背!

ライフスタイルの変化も考えられるようですが、猫背になりやすい原因は、インナーマッスルの筋力低下も考えられるようです。

よく耳にするインナーマッスルは、体内の深層部にある筋肉の総称のことで、姿勢を維持したり関節を固定するなど、私達の身体の働きを担っています。

インナーマッスルが低下すると、姿勢を保つ筋力が少ないため、猫背になってしまいます。

その結果、内臓が肋骨に圧迫され機能が低下、食欲不振や便秘などを引き起こしやすいようです。また、内臓を圧迫していると言うことは、血流も悪くなってしまいます。むくみやすくなったり、疲労が溜まりやすい身体になってしまいます。

ダイエットも兼ねて、インナーマッスルを鍛えようと運動しても、アウターマッスルばかりが鍛えられてしまい、インナーマッスルとのバランスを保つことが難しく、やはり姿勢のバランスが悪くなってしまうようです。

スポンサーリンク

猫背とサヨナラ!インナーマッスルを鍛えよう!

正しい姿勢を意識するだけで、スタイルが良くなってダイエットにも効果的なら、インナーマッスルを刺激しましょう。

背筋を伸ばしてお腹をへこませることで、腹筋と背筋が強くなるので、代謝アップにつながります。また、腹式呼吸も意識するようにしましょう。

とは言え、ずっと正しい姿勢を保っているのもなかなか難しいものです。ダイエット器具などのコーナーには、姿勢の矯正を補助してくれるグッズが、数多く売られています。身につけることで、身体が無意識に猫背になってしまうのを防いでくれるでしょう。

インナーマッスルを鍛えるには、毎日続けることが大切です。仕事や家事のちょっとした合間に、息抜きも兼ねて、簡単なエクササイズを行えば、ダイエットにもより効果的でしょう。

椅子に座ったまま太ももを上げる、寝転んでひざを左右に動かす、足を腰幅に開き、タオルを肩幅の広さで持ちあげるなど、簡単に行えるエクササイズがたくさんあるようです。ご自身が続けやすいエクササイズを見つけてください。

最後に

ご自身で治すことが難しいと言われている猫背。そんな時は、プロの力を借りましょう!

整体やマッサージ、矯正器具を利用することも良いでしょう。

しかし、姿勢が悪い原因は、骨の変形や内臓の病気などが原因の場合もあるようです。

なかなか良くならない猫背や、痛みを伴う猫背の場合は、病院の治療と並行して行うことが良いそうです。