猫の可愛らしさに癒されたくて、猫をペットとして飼う人が増えてきています。

中には、飼ってから自分が猫アレルギーだった事に気付く人もいるようです。

アレルギー症状が悪化すれば、猫を手放さなくてはならない可能性も出てきます。

58232854976baa2e0a364c5a43fc4030_s_082518_095735_PM

そのような事にならないためにも、猫を飼いたくなったら事前にアレルギー検査を受けておきましょう。

今回は、自分が猫アレルギーかどうかを知る方法について、お話をしていきます。

猫アレルギーかどうかを知る方法

自分が猫アレルギーなのかどうか、それを知る方法はいくつかあります。

病院での血液検査

病院に行けば、血液検査によって猫アレルギーかどうかが分かります。

複数のアレルギーに対して検査が出来るので、他にも気になるものがあったら調べてもらうと良いでしょう。

猫アレルギーについてだけの検査だと、保険が適用されません。

検査してもらえるのは、皮膚科・内科・耳鼻科です。

自宅で検査

誰でも入手可能な、検査キットが市販されています。

それを使えば、仕事で忙しい人でも自宅で気軽にアレルギー検査が出来ますよ。

病院だと長時間待たなくはいけませんし、その間に風邪をうつされる可能性もあります。

そういうのが嫌な場合は、市販の検査キットがおすすめです。

大体6,000円くらいで出来ますよ。

猫のいる環境に行く

自分が猫アレルギーなのか、アレルギーだとしたらどの程度の反応が出るのか、簡単に分かる方法があります。

それは猫カフェなど、猫がいる場所に行くことです。

猫を飼っているお宅にお邪魔させてもらうのも良いでしょう。

ただし、これはリスクが伴います。

もしアレルギー反応が激し過ぎた場合、アナフィラキシーショックを起こす可能性があるからです。

もし試すとしたら、短時間で切り上げるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

猫アレルギーを起こす原因と対策

猫アレルギーの元(アレルゲン)は、猫の皮脂腺から出て来る物質です。

中でも、Feld1という物質に反応する人が殆どだそうです。

Feld1は、皮脂腺から出た後に猫のフケや被毛に付着して、抜け毛と共に空中を舞います。

Feld4という物質もあり、こちらは猫の唾液に含まれています。

アレルゲンを吸いこむことで、ヒスタミンが反応してしまいます。すると痒みなどの症状が出ます。

具体的なアレルゲンを知りたければ、きちんと検査をすると良いでしょう。

対策としては、部屋に空気清浄機を設置することです。

これだけでもアレルギー反応がいくらか軽減されます。

また、体の中から強くするという意味で、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えたり、生活習慣を見直して免疫力を高めるなどの方法があります。

どんな症状が出るの?

猫アレルギーも、花粉症と同じような症状が出ます。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、痒み、湿疹などです。

花粉症は季節性ですが、季節に関係なくアレルギー症状が出るようなら猫アレルギーの可能性もあります。

アレルギーが酷い場合、皮膚が腫れあがったり、呼吸困難を起こす危険もあります。

最後に

猫アレルギーについてお話をしてきましたが、参考になったでしょうか?

もし猫を飼うことを考えていたら、その前に一度猫アレルギーかどうかの検査をしてみましょう。

猫アレルギーだと分かった場合は、他の動物にすることをおすすめします。

猫の中には、アレルギー反応を起こしにくい猫種もいるのですが、絶対に起こらないというわけではありません。

常にアレルゲンと共にいることで、アレルギー症状が悪化する可能性もあります。

ですから、是非アレルギー検査を受けてみてくださいね。