日本の代表的な花といえば桜ですが、その咲き方は多種多様で、各地に様々な桜の名所があります。

今回は、そんな桜の名所を東海地方に注目し紹介します。

自分の地域の名所をぜひ訪れてみてください。

7ccf1e1026af2de6a54649c017485977_s_040217_074851_PM

岡崎公園

愛知県岡崎市にある岡崎公園は「日本さくら名所100選」にも選ばれている名所で、岡崎城が鎮座する岡崎公園とその周辺を合わせると、約1000本もの桜が咲き誇っています。

とくに、この岡崎公園で見ることのできる夜桜は、東海でも指折りといわれており、ぜひ一度見てみる価値があると思います。また、公園内は24時間開放されており、桜が咲いている期間中は定休日もありません。

見頃は、3月下旬から4月上旬です。

名古屋城

愛知県名古屋市中区にある名古屋城は、言わずと知れた名古屋の観光名所ですが、桜の名所としても有名です。

ソメイヨシノや枝垂桜など10種類程度の桜が約1000本ほど、場内に咲いています。

種類によって見頃が少しずれているので、自分の好きな桜の時期をめがけて訪れましょう。

金のしゃちほこで有名な天守閣と満開の桜とのコラボレーションは圧巻です。

30f48258cb1ab2023a925bd123f276cb_s_040217_074953_PM

日本有数の天守閣と桜の競演をぜひ間近で楽しんでみてはいかがでしょうか?

見頃は、3月下旬から4月上旬です。

スポンサーリンク

新境川提の桜並木

岐阜県各務原市内を流れる新境川の両岸に立ち並ぶ桜並木は、全部で約1200本ほどで別名「百十郎桜」と呼ばれています。

その由来は、地元出身の市川百十郎氏がソメイヨシノの苗木を寄贈し、この桜並木ができたためだと言われています。

この「百十郎桜」は、「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

見頃は、3月下旬から4月上旬です。

奥山田の枝垂桜

愛知県岡崎市にある枝垂桜で、1300年ほど前に持統天皇が植えたと伝えられているエドヒガンザクラです。

高さ桜が、流れ落ちる滝のように咲き誇ります。その高さは、17mにもなります。その圧倒的な美しさと美麗さに引き寄せられ、毎年多くの観光客が訪れています。

d690b480c3cf7cf72acc33e400101183_s_040217_075213_PM

「奥山田のしだれ桜まつり」期間中は、野菜の産地直送販売や漬物といった加工品、抹茶や甘酒などの販売も行われ盛り上がります。桜だけではない楽しみ方も満載ですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

見頃は、3月の中旬から4月の上旬です。

最後に

いかがだったでしょうか?

場所が変われば、まったく違った桜を見ることができますので、ぜひ自分の見たい桜を見に行きましょう。