ソテツと言う植物をご存知でしょうか?

その見た目から、ヤシの木の仲間と思われがちなのですが、実は日本原産の植物なんですよ。

今では日本のあちこちで目にしますが、元々は沖縄は鹿児島に自生していました。

615907aec4c7198424e933d9d7b62a86_s_061519_043710_PM

南国ムード溢れる植物、ソテツ。

最近、そのソテツを室内のインテリアとして楽しむ人が増えています。

そこでここでは、ソテツの特徴と栽培方法をご紹介いたします。

ソテツって、どんな植物なの?

ソテツは、ソテツ科ソテツ属に分類される植物です。

日本を始め、オーストラリアやアフリカなどに分布しており、20種類もの仲間があるそうです。

原始的な植物として知られています。

ソテツという名前には「蘇鉄」という漢字があります。これは、葉に元気が無くなって来たと気に、幹に釘を打ちこんでやると元気になることに由来しています。

鉄で蘇るので、蘇鉄と名付けられたそうです。

ソテツは、1憶5000万年以上の長い間地球上に存在しています。

そんなソテツは、室町時代には植木として人気が出始めていたようです。

スポンサーリンク

ソテツを栽培するポイント

ソテツは育てやすく、初心者にもおすすめの観葉植物なんですよ。

それでは、育てるポイントを挙げていきます。

環境

沖縄や鹿児島の海岸部に自生するソテツですから、水はけの良い砂地が好きです。

栽培する時には、日当たりと水はけに気を付けましょう。

肥料のやり過ぎも禁物です。

冬は暖かい場所に移動しましょう

ソテツは寒さに弱いですので、冬は部屋の暖かい場所に置きましょう。

屋外の場合は、防寒対策をします。

方法は、葉を紐でまとめてしばったり、幹にワラを巻いたりします。根元にもワラを置くと、保温効果が高まります。

葉の手入れをする

ソテツは特にお世話をする必要はないのですが、古い葉を取ってあげると良いでしょう。

カットした部分は、ソテツの幹の姿としてよく目にする、ゴツゴツした感じになります。

created by Rinker
CHARM
¥1,024 (2019/07/23 15:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

南国風インテリアとして育てる方法

お部屋を南の島のような雰囲気にするためには、大きく育てたいと思う事でしょう。

その場合は、鉢を大きくすると良いですよ。

5~9月に、一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。

また、鉢を大きなテラコッタにすることでも、リゾート気分が味わえますよ。

ハイビスカスなどの、南国の花も一緒に飾ることで、トロピカルムードが高まります。

最後に

日本に昔から自生しているソテツについて、その特徴や育て方のポイントをご紹介いたしました。

ソテツはヤシの木に似ているのですが、日本の植物なんですね。

沖縄や九州の海辺に自生しているので、栽培する時にはその環境に近づけてあげましょう。

環境さえ整えば、あとは特別お世話することはありません。

植える鉢も工夫して、お部屋でリゾート気分を味わってみてくださいね。