夏を代表する野菜であるゴーヤは、栄養豊富で健康に大変良いと注目されています。

独特な苦みがあり苦手とする人もいますが、苦みの少ない品種も作られているんですよ。

そんなゴーヤは、生長するにつれて葉が生い茂るので、窓辺で栽培すればグリーンカーテンとして役立ちます。

037c8a9a59084b9d6b7636a7beb63f59_s_050619_115937_PM

葉から差し込む光は柔らかく、夏の暑さを軽減してくれますよ。

今回は、ゴーヤのグリーンカーテンについてご紹介いたします。

ゴーヤの栽培時期は?どんな環境が良いの?

ゴーヤは種から育てる事も出来ますが、5月中旬以降に苗が出回りますので、それを購入すると良いでしょう。

種から育てるのであれば、植え付ける予定の2~3週間前から始めましょう。

種はとても殻が固いので、一晩水につけて柔らかくします。

そして、種まき用の容器に土を入れ、種をまいたら土をかぶせます。

25℃を維持していれば、2~3週間で発芽します。

環境は、日当たりと風通しの良い場所を選びましょう。

植え付ける2週間前から、土に肥料などを混ぜておきましょう。

野菜用の土を使うと楽です。

スポンサーリンク

グリーンカーテンの作り方

1.まず、土を作ります。

プランターで栽培する場合、野菜用の土を使うと便利でしょう。

用土を混ぜる場合には、培養土30kg、堆肥10kg、石灰400gの割合で。

雨が当たらない所に置いて、2週間放置します。

地植えでしたら、土の中に培養土と石灰を混ぜ込みます。

2.支柱とネットの準備をします。

グリーンカーテンを作りたい場所に、支柱とネットを設置します。

ネットを広げ、左右、中央、上下の順番で支柱をつけましょう。

支柱専用の金具や針金で固定していきます。

支柱にネットをつけたら、窓際に固定します。

まずネットの上部を固定してから、下部を固定しましょう。

2枚以上のネットを使うなら風で飛ばされないように、結束バンドなどでしっかり固定しましょう。

3.ツルを絡めていく。

植え付けたゴーヤが育ってくると、ツルが伸びてきます。そうしたら、そのツルをネットの網目にくぐらせましょう。

この時、優しく扱って下さいね。ツルは折れやすいので、慎重に。

4.摘心する。

本葉が7~8枚くらいの時に、一番太い親ツルの先を少し切ります。

こうすることで、横に広がってカーテンを作る事ができます。

5.肥料をあげる。

立派なカーテンを作るために、液肥をあげましょう。

2週間に1回くらいでOKです。

水やりは、朝晩にしっかり行いましょう。

最後に

ゴーヤでのグリーンカーテンの作り方について、ご紹介しましたがいかがでしたか?

とても丈夫な野菜なので、初心者でも間単に育てられるのが魅力です。

葉っぱが大きくカーテンに適しているのも、おすすめ出来る理由です。

グリーンカーテンによって、室温の上昇を抑える事が出来るので、エアコンの電気代が節約出来ますよ。

ゴーヤは、収穫の楽しみもあるのが嬉しいですね。