飼っている猫が、あなたにおもちゃを持って来てくれた経験はありませんか?

外に出ている猫でしたら、もしかしたら獲物を持ってきてくれたりすることもあるかも知れません。

朝起きたら枕元に虫の死骸があったりすると驚きますが、猫は飼い主をびっくりさせるためにやっているのでしょうか?

6a19098a9101daaca1fa41196212ba28_s_053018_073519_AM

実は、おもちゃや獲物を飼い主に持ってくるのには、理由があるのです。

今回は、その理由と猫の気持ちについてお話をしていきたいと思います。

どうして猫は、飼い主におもちゃを持ってくるの?

猫を飼っている人の多くが経験していると思いますが、猫が飼い主の元におもちゃを持ってくることがあります。

我が家の猫にも、おもちゃを投げると取ってくる遊びが好きな子がいます。

投げたおもちゃを取って来るのは、見た感じで「遊びを楽しんでいる」と分かりますね。

実は、おもちゃを持って来る理由は、他にもいろいろあるようです。

遊んで欲しい

これはうちの猫の場合と同じで、飼い主に一緒に遊んでもらいたいと思っているのでしょう。

おもちゃを持って行けば遊んで貰えると学習した猫は、遊びたくなる度に持ってくるようになります。

大好きな飼い主さんと遊ぶ時間は、猫にとってかけがいのないものなのでしょう。

狩りの本能

猫は生まれながらのハンターです。狩りに特化した体をしており、狩猟本能が備わっています。

それは飼い猫でも同様です。

おもちゃを持ってくるのは、狩りに成功したことを褒めて欲しいのかも知れません。

お世話をしている

狩りが出来ない飼い主のことを可哀想に思い、獲物(おもちゃ)を運んでくれているとも考えられます。

室内飼いではおもちゃを運んできますが、自由に外に出ているメス猫ですと、ネズミやカエル、虫などを飼い主に運びます。

これは、母猫が子猫にする行動なのです。

スポンサードリンク

猫との上手な遊び方

室内飼いの猫の場合、おもちゃで遊ぶことで狩猟本能が満たされます。

時間がある時は、飼い主もその手助けをしてあげると良いでしょう。

生きてる動物のように動かす

おもちゃを、虫やネズミと同じような動きで動かすのがポイント。

猫に気付いてないフリをしたり、突然素早く逃げだしたり、ある時は隠れたり。

このような動きを見ると、猫は大興奮です。

いろんなパターンを用意する

いつも同じおもちゃで同じ動きだと、猫も飽きてしまいます。

虫の動きで遊んだ翌日は、鳥の動きをする、といった具合に、いろいろなバリエーションがあると楽しいですね。

なかなか遊びにノッてこない場合は、またたびの粉をつけるのもオススメです。

最後に

飼っている猫が飼い主におもちゃを持ってくる理由は、遊んで欲しかったり、褒めて欲しかったりする以外に、飼い主に対する親切心もあったのですね。

おもちゃを持ってくるのが、獲物が取れない飼い主への優しさだったなんて、今まで以上に愛猫が愛おしくなりますね。

猫は基本的に単独行動の動物ですが、大好きな飼い主さんとのコミュニケーションは大好きです。

時間が許す限り、一緒に遊んであげると良いでしょう。