2019年9月18日に放送された「マツコの知らない世界 秋の2時間SP」を見ました。

今回は、「マツコが知らない間に 人生が変わっちゃった人SP」でした。その前半(昭和家電、冷凍食品、タピオカ)をまとめました。

d53b19f9c29e8d575901634a25c7fd88_s_092419_105851_AM

「マツコが知らない間に 人生が変わっちゃった人SP」(中編:築地、宝石、チョコミント)と「マツコが知らない間に 人生が変わっちゃった人SP」(後編:包み紙、お菓子箱、バス)は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「人生が変わっちゃった人SP」(中編:築地、宝石、チョコミント)のネタバレと感想とまとめ。

マツコの知らない世界「人生が変わっちゃった人SP」(後編:包み紙、お菓子箱、バス)のネタバレと感想とまとめ。

オープニング

番組がゴールデン枠に移動してから5年、これまで407世界425人の方々が登場してきました。

その一覧が、巨大パネルとなってスタジオに登場し、マツコさんとスタッフさんで色々と思い出していきます。

初回は、14年10月14日、「予備校の世界」の林修先生。

その後は、伊藤みどりさんの「フィギュアスケートの世界」、戸田奈津子さんの「映画字幕の世界」、さかな君の「美味しい魚の世界」、綾小路きみまろさんの「漫談家の世界」など、著名人が多数出演しているのを見て、マツコさんも思わず「有名人頼みね」と突っ込み(笑)

マツコさんが気にしているのは、15年9月放送の「フルーツの世界」で、フルーツだけを食べていた中野瑞樹さん。

今年で果実食実験が丸10年になるそうで、「もうしばらくしたら(無事かどうか)お呼びしないとね」と心配している様子。

また、18年7月に放送した「蚊の世界」の田上大喜さんは、出演後コロンビア大学に入学し、現在ショウジョウバエを年間10万匹飼育していて、数々の賞を受賞したとか。

その成長ぶりに「この番組のことなんて、忘れたんだろうな」とボソリ・・・・

18年8月に放送した「手持ち花火の世界」の立川伸明さんは、女の子と花火をしたことがない花火屋3代目として登場し、残念ながらその状況は今も変わっていないそうですが、身体を鍛えて腹筋はシックスパックになってムキムキ!

マツコさんは「幸せになってほしいな~」と心配しています(笑)

出演者の中には、出演をきっかけに人生が激変した人も多いということで、今回は「マツコの知らない間に、人生が変わっちゃった人SP」として、7名(+2名)の人生激変ぶりを紹介していきます。

登場した顔ぶれを見て、「わぁ~」「あらあら」「来た~!」と声をあげて懐かしがるマツコさん。

今回は、スタジオに7名一緒に登場し、一緒に激変ぶりを紹介してもらいます。

昭和家電の世界 富永潤さん

18年3月、昭和家電に7000万円つぎ込む男として登場し、その愛くるしさを教えてくれた富永さん。

そんな彼に訪れた”激変“とは、「コレクションの展示会に50日間で、8万人弱の来場者が来た!」というもの。

実は放送前から決まっていた、藤枝郷土博物館(静岡県藤枝市)の「昭和レトロ家電店」。

来場者の多くが、「番組見ましたよ~」と言ってくれたそうです。

三輪トラックや電話ボックスなどが展示されている様子を見て、マツコさんは「(他にも持っている人と)一緒にやったのね」と言いますが、なんと、全て富永さんのもの!

消防車や信号機、街路灯など「好きすぎて全部いってるので」と自慢げに言う富永さんですが、マツコさんは「何でもいってます、って自慢じゃないからね!」と釘を刺します(笑)

今回は、展示会で好評だった昭和家電を紹介。

一つ目は、昭和40年前後の『自動ハサミ“クイッキー”』(シャープ)。

カーブなど曲線も切りやすい、裁縫用のハサミで、その切れ味と動きに「意外と出来る!」「結構優秀!」とマツコさんは驚いていましたね(笑)

二つ目は、昭和50年頃発売の『エリック電子弁当』(株式会社内外)。

マツコさんは、その重さに驚きますが、試食してみると・・・「温かい!」としっかり温まる優れものでした。

ただ、昭和家電ならでは(?)の弱点もあって、食べる3時間前にコンセントに繋がなければいけないこと、おかずが温まらないこと・・・

冷たい卵焼きを食べたマツコさんは、泣きそうな顔をしていましたね(笑)

そして、「とうとうこれを出す時がきました!」と満を持して紹介したのが、日本最古のテレビ!

(※昭和28年のテレビ放送開始に先立ち、商品化されたテレビとして”最古“のもの)

現存するものは日本に2台と言われていて、一台が富永さん、もう一台は、NHK放送博物館に展示されている“超貴重”なテレビです。

マツコさんがスイッチを入れ、少し長い待ち時間が過ぎて、スタジオの様子が画面に映ると、スタジオの皆「すごーい!」と大興奮!

約7インチの画面は、今ではスマホより少し大きいくらいのサイズですが、味わいのある画像にマツコさん感動していましたね。

マツコの知らない世界「昭和家電の世界」のネタバレと感想とまとめ。

冷凍食品の世界 山本純子さん

16年5月放送の「冷凍食品の世界」で、冷凍食品は保存料不要で、身体に優しい食べ物と、紹介した山本さん。

出演後に起こった“激変”は、「漫画のキャラクターになった!」でした。

『マンガでわかる 冷凍食品だからおいしい!』とう漫画で、山純(山本さん)という登場人物が、冷凍食品の誤解を解いていくストーリーだとか。

ただ山本さんは、「放送で残念なこともあった」というのです(?)

それは、ロケ中に山本さんは歌を歌ったのですが、放送ではカットされていたこと。

マツコさんは「スタッフの優しさですよ」とたしなめるのですが、山本さんはどうしても歌を電波に乗せたいらしく、超有名なディズニーの曲に合わせて歌い出しました!

「ありのままフローズン」

ありの~ままの~メニュー凍らせるーのよ~  ありの~ままで~美味しくなるの~

何も~加えない~  ただ凍らせるだけー すこしもまずくないわ

マツコさんの顔は”無“・・・(苦笑)

3年前の放送以降、無印良品が冷凍商品に参入したり、新感覚の冷凍食品が登場したり、新たな動きも出てきたようなので、最新のおススメを紹介してもらいます。

一つ目は、凍ったままの具材をおにぎりにする、味の素『おにぎり丸』。

第一弾のカレーは、マツコさんも「流行ったよね」と言うほど人気で、今では10種類の具材が出ています。

時短なのに、お肉と野菜が入っていて栄養バッチリだそうですよ。

二つ目は、皿を使わず袋のまま食べられる、マルハニチロ『焼豚五目炒飯』。

置くとそのまま立つ、スタンディングパッケージを使っているため、皿いらずで手軽に本格チャーハンが食べられます。

マツコさんも、「一人だったら、誰に見られるわけじゃないからこれで十分」と納得。

一口食べると、その美味しさに「冷凍とは思えない!」と言ってしまったマツコさん。

すかさず、山本さんが「冷凍“だから”美味しい」と訂正・・・

以前の収録中も、何度も訂正されたようで「思い出した~」と面倒くさそうな顔(笑)

それに負けず、山本さんは「冷食オッケー」と満面の笑み。この言葉、流行らそうとしているのでしょうか??

マルハニチロは米飯食品が得意で、プロの動作や炒める温度をデータ化した「高温あおり炒め製法」で作っています。

山本さん曰く、「こういった企業努力は、冷凍食品“だから”美味しくできる」とのこと。

マツコさんはチャーハンを相当気に入ったようで、完食していました(笑)

タピオカの世界 華恋さん&奈緒さん

19年5月放送では、「人生をかけてタピオカ文化を根付かせたい」と主張していた、たぴりすと。華恋さんと奈緒さん。

出演後におきた激変とは、「就職するのを辞めました!」とのこと。

放送時、マツコさんに進路を相談し、「就職すべき」とアドバイスをしていたのですが・・・この結果に「全然聞いてねえじゃねえか」とご立腹(笑)

初めは両親や祖父母も反対していたそうですが、放送を見て「すごい!」と応援に変わったという華恋さん。

マツコさんは「この番組そんなにすごくありません!いますぐ説得してください!」と必死に訴えます(笑)

そんな、たぴりすと。二人が、進化を続ける、最新タピオカドリンクを紹介します。

まずは、自由が丘「茶工廠」の『台湾烏龍ミルクティー+カラフル芋丸+ミネラル竹炭(637円税込)』

カップを手に取り、マツコさんがおもむろに上下に振る様子を見て、2人は「お~」「お~」と声を揃えて感動します。

「タピオカが下に沈んでいるので、良く振ってから飲む」という、たぴりすと。の教えを、マツコさんちゃんと覚えていたんですね(笑)

タピオカはキャッサバ芋が原料ですが、これは、紫芋・タロ芋・さつま芋を使用していて、芋の甘さやもちもち食感が感じられるそうで、マツコさんも「好き」と気に入った様子でした。

続いては、東大泉「MEE TEA」の『ピーチスムージー+Sakuraタピオカ(750円税込)』。

このお店では、店内で職人さん手作りしている「手ごねタピオカ」の様子も見られそうです。

粉からつくるタピオカは味がより濃厚で、マツコさんも「次のステージにいったかも」と感じたようですよ。

次は、COCO’Sが出している『タピオカ抹茶ミルク(421円税込)』(テイクアウトOK)。

こちらはなんと、たぴりすと。がコラボした商品!

それを知らずに飲んでいたマツコさんは、「シェイクみたいな濃厚なものとタピオカの相性も良い」と高評価だったのですが、知った途端に「まじか、このやろー」「褒めちゃったじゃないか」と何故か怒りモード(笑)

ただ、たぴりすと。の2人が今回一番伝えたいことは、「タピオカが窮地に陥っている!」ということ。

ブームになった分、「タピオカ不足」「カップのポイ捨て問題」「カロリー過剰強調」など、ネガティブイメージも目立ってきているそうで、今回はそのイメージを払拭する、台湾「ミルクシャ」を紹介します。

ミルクシャでは、タピオカの自社工場を持っているので、タピオカ不足は払拭されます。

また、タピオカゴミ問題が深刻化した原宿では、専用ゴミ箱が設置されましたが、ミルクシャは、容器を捨てるとポイントが貯まる、という更に進化したゴミ箱を設置。

そして、余分な糖分を使っていないので、カロリーの心配もないとのこと。

自社牧場からの新鮮で濃厚な牛乳を使った、『プレミアムタピオカミルク』は、添加物、着色慮、防腐剤なしで、タピオカを三温糖とハチミツで漬けている、優しい甘さだそうです。

普段タピオカドリンクを飲まない出演者の皆さんにも、大好評でした(笑)

こちらのお店は、10月11日に青山にオープン予定だそうです。

マツコの知らない世界「タピオカドリンクの世界」のネタバレと感想とまとめ。

最後に

今回は、「マツコが知らない間に 人生が変わっちゃった人SP」でした。その前半(昭和家電、冷凍食品、タピオカ)をまとめました。

「マツコが知らない間に 人生が変わっちゃった人SP」(中編:築地、宝石、チョコミント)と「マツコが知らない間に 人生が変わっちゃった人SP」(後編:包み紙、お菓子箱、バス)は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「人生が変わっちゃった人SP」(中編:築地、宝石、チョコミント)のネタバレと感想とまとめ。

マツコの知らない世界「人生が変わっちゃった人SP」(後編:包み紙、お菓子箱、バス)のネタバレと感想とまとめ。