2020年1月28日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

今回は、「クレープの世界」と「古着きものの世界」の2本立てでした。

42ad642eeaa3d2f494ffb413d44d9d46_s_020120_084007_AM

その中から、「クレープの世界」についてまとめました。

「古着きものの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「古着きものの世界」のネタバレと感想とまとめ。

出演者・オープニング

出演者は、マツコ・デラックスさん。そして、3年で1000種類食べる管理栄養士の辻元未奈美さん。

マツコさんも思わず「かわいい!」と言うほど小柄な辻元さん。身長144cmでストレートのボブヘアー、おとなしそうな女性です。

モニターを見て「縮尺が変よ」と言うほど、2人の体格差が目立ちます(笑)

週8個以上クレープを食べる辻元さん。以前は夜にパスタ、ラーメンを食べお酒を嗜む生活だったのですが、はまった後は、朝は野菜炒めか栄養食品とコーヒー、昼はほぼクレープ、夜は鍋でたまにクレープという食生活に変えて栄養バランスをとっているそうです。

結婚していて、ダンナさんは毎晩鍋料理を食べているそうで、マツコさんは「いやいやいや…ダンナ…」と同情していました(笑)

クレープの魅力は赤ちゃんのほっぺみたいにもちもちの生地!と言い切る辻元さん。

いままでのクレープは薄くてパリッとした生地が多かったのですが、最近のクレープは原料の種類や配合を変え火力を調節することで、もちもちに焼き上げているのだそう。

明日食べたくなる!生地にこだわった身近クレープ

中学生の頃、赤ちゃんのほっぺをはむはむしたいと憧れていた辻元さん。3年前にパーラ銀座のキャビアクレープ(2400円税抜)を食べてから、そのモチモチ感におどろき、クレープにはまってしまったとのこと。

コンビニなど身近で食べられるもちもちクレープを紹介した後、生地にこだわったハイクオリティなクレープとして、ジェラートピケ カフェ クレープリーというお店の、バターとお砂糖のクレープ(490円)がスタジオに登場しまた。

粘り気が強いフランス産中力粉を使い、フランス産発酵バターで表面をコーティングしながらじっくり焼くことで、赤ちゃんのほっぺのようなもちもち生地に仕上げています。

生地だけで勝負し、トッピングはありません。

そこで辻元さんがおいしくなる食べ方「はむはむ食べ」を伝授しますが、マツコさんは無視してガブリ!(笑)

辻元さんが「ちょっとちょっと!」と止めるので、マツコさんは仕方なく「はむ、はむ」の掛け声に合わせて食べるようとします。

しかし結局「精神的に耐えられないわ」(笑)と拒否しました。

関連ランキング:クレープ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

関連ランキング:カフェ | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

東急クレープライン

東急沿線で、座って食べられるクレープのお店が急増中!東急東横線の渋谷から田園調布あたりが、クレープの新聖地になっているそうです。

マツコさんは「あらご存じなかった?私と東急の確執を!」と、オシャレ路線東急に拒否反応を示します(笑)

辻元さんがおすすめするのは、学芸大学駅のポポット、自由が丘駅のコムクレープ、都立大学駅のラ・フェットドフィーユ。特にラ・フェットドフィーユは3時間3500円でクレープが食べ放題です!

かわいい女子ばかりがお店にいて、マツコさんは「入れないこの店!」と弱気になります。

中でも一番のおすすめは、祐天寺駅にあるクレープアリサのモンブラン小倉生クリームクレープ(780円)。オレンジやレモンで作った酵素ジュースを使った生地です。

辻元さんは「ほら見て下さいマツコさん、モチ~って!」と興奮気味です。

スタジオに登場したクレープを無言で食べすすめるマツコさん。辻元さんもスタッフも爆笑します。

「デブ殺し。一日中食ってられる」と絶賛していました。

関連ランキング:クレープ | 学芸大学駅

関連ランキング:クレープ | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

関連ランキング:ビストロ | 都立大学駅学芸大学駅

関連ランキング:クレープ | 祐天寺駅中目黒駅

究極の赤ちゃん肌クレープ

最後に紹介してくれるのは、祖師ヶ谷大蔵駅にあるクレープリーチロルというお店、天使のような絹肌生地が魅力です。

生地のポイントは、一度材料をパン生地のようにこねてから、ミルクなど水分を足すこと。そして強い火力で短時間で焼くこと。

店主の吉川一美さんは、生地作りの神様と呼ばれているそうです。

ラブリーテディベア(1900円)が登場、クレープの上に白いちごで作られたクマさんがのっている、とってもラブリーなクレープです!

マツコさんが「私意外と、こういうものにかぶりつけないタイプよ」と言うと、辻元さんは「意外ですね」と爆笑していました。

辻元さんは包む前の生地を持って「ああっ、すべすべ~」とうっとり眺めます。

その様子に、マツコさんは「ダンナは何がよかったの?」と突っ込んでいました(笑)。

マツコさんはクマさん部分を辻元さんに食べさせた後、「こうなるともう食いやすいわよね」とばくばく食べ始めます(笑)。

開店前から並ぶというこの店の登場により、小田急線がクレープで盛り上がっているそう。

「多分、京成線以外はぜんぶクレープラインになるわね」と、自分の地元・千葉の私鉄を卑下するマツコさんでした(笑)。

関連ランキング:クレープ | 祖師ケ谷大蔵駅成城学園前駅

最後に

クレープの進化におどろいた回でした!もっちもちの生地、マツコさんもはまったみたいです(笑)この盛り上がり、千葉にもクレープラインができる日も遠くないと思います!

今回は、「クレープの世界」と「古着きものの世界」の2本立てでした。

「古着きものの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「古着きものの世界」のネタバレと感想とまとめ。