2020年2月4日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

今回は、「大人ココアの世界」と「美しい床の世界」の2本立てでした。

7fe81790d54ee0ab0835bcff5cf46bb2_s_020820_125654_PM

その中から、「美しい床の世界」についてまとめました。

「大人ココアの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「大人ココアの世界」のネタバレと感想とまとめ。

出演者・オープニング

出演者は、マツコ・デラックスさん。そして全国300ヶ所の床を撮る女性、今井晶子さん。

今井さんはエスニックでゆったりとしたワンピースにベレー帽を被り、にこやかにスタジオに入ってきました。初対面でマツコさんが「独特」と表現する、そんなちょっと特徴のある女性です。

今井さんは、床の「こだわっているはずなのにほとんど見られない儚さ」が好きなのだと語ります。

床好きとは、売れないアイドルを応援することに似ているのだそう。今井さんは特に好きな床を「推し面」と呼んでいます。

まずは推し面3つを写真パネルで紹介。

マツコさんが「Pタイルっぽい」と気づくと、今井さんが「あっ!」反応。

「ちょっとやめてください!むりやり仲間に!」と、拒否していました(笑)。

Pタイルはプラスチックタイルのことで、土足にも対応しているため事務所や店舗の床材に使われています。床材の名前まで知っているなんて、マツコさん物知りです!

全国の珠玉の床ラインナップ

巨大パネルが登場、北海道から福岡までレトロでカラフルな床が並びます。

マツコさんが最初に気になったのは、千葉県柏市のそごう店(今は閉店)の屋外タイル。黒地に白い花がデザインされたものです。

今井さんがおすすめするのは、東京都上野にある、老舗喫茶古城のアートのような床。

人工大理石で作られ、1万円札を貼るようだと言われたほどお金がかかっています。

「昔ってそういうお店あったわね。入った途端、ふぁーって世界が変わるみたいな。そう考えると、つまらなくなったわね、日本って」とマツコさんが言うと、今井さんが「そうなんです~悲しい!」と同感します。

マツコさんは「まずいまずい、引き込まれるわ、仲間に」と逃げ腰でした。(笑)

明日見に行ける!美しすぎるノスタルジー床

全国を巡って見つけた300の床から、身近にある美しい床をご紹介してくれました。

ますは京王プラザホテルの床。

マツコさんは「すげえ行ってたよ!新宿周辺にずっといた頃は!えー全然覚えてない!ごめんなさいね、床。床って何なんだろう」と、衝撃を受けていました。

おすすめなのは、京王プラザホテルの入り口の車寄せにある屋外タイル。四角と三角の複雑な幾何学模様、白黒グレイのシックな床です。

さらに新宿紀伊国屋書店の床も紹介。1964年に名建築家前川國男さんが設計し、建築物としても有名な建物です。ちなみに、2020年2月現在両側が工事中で、建物が見やすくなっているそう。

今井さんおすすめの床は、4階の書店から紀伊国屋ホールへ抜ける境目の床でした。三角が主体の模様が、白とグレイから茶と黒と白のグラデーションになっています。

今井さんは「すごいモダンでおしゃれなんですよ!」と主張し過ぎないモダンさが、俳優で例えると笠智衆さんのようだと絶賛!(「男はつらいよ」の御前様役や、小津安二郎作品の名役者だそうです。)

マツコさんは「ちょっとベテラン過ぎません?」と、その独特な感性につっこみをいれます(笑)。

さらにレトロな床の美術館として、板橋の商店街を紹介。

板橋は再開発されていないので、歴史ある商店街彩個人商店が多く、デザイン豊富な60年代~80年代の床が現存する貴重なスポットなのだそうです。

マツコさんも「今でも古臭く感じない!」と、床のデザインに感心します。

超希少!探したくなるレジェンド床

最後は、床好きだけが気づくことのできる、間違い床や同柄の床をご紹介!

レアな間違い床として、三軒茶屋の喫茶セブンの床が登場。

何がレアかと言うと、よく見ると膨らんだ形の模様と一部凹んだ形の模様があります。ご主人が45年前にDIYしたとき、タイルの組み合わせを間違えてしまったようです。

マツコさんは「たぶん今井さん以外、気づいている方いらっしゃらない」と言いますが、今井さんによると「いやいやいやいや、床仲間が!」と、床仲間の間では有名なようです(笑)。

次に、同じタイルを使いつつ違った柄に仕上がっている場所を紹介。

八王子ではお花のような模様なのに、練馬では波と丸を組み合わせた模様に仕上がっているのです。

マツコさんは「練馬のは癖あるわね!あれは八王子が正解よ!」とつっこみます(笑)。

超奇跡として、同じ柄の色違いを追い求める今井さん。

今回、お気に入りの青い模様の床に色違いがあるという情報があり、その旅に同行しました。

仙台から車で1時間、目的地である高友旅館に。大正創業の老舗旅館だそうです。

「わー!ようやくたどり着きましたー!」とテンションが上がる今井さんですが、よくよく見ると別の柄。

がっくりしつつ、「もしもこの柄の色違いをみかけた方がいましたら、教えていただけるとうれしいです!」と、お茶の間に呼びかけました(笑)。

マツコさんは「こういうオチは意外性があっていいわね!」と逆に高評価でした(笑)。

最後に

マツコさんは「何でこんなものを日々気づかずに過ごしているんだろう」と、床の美しさに感動していました。

海外では美しい床をインスタに上げるのも流行っているとか。普段見過ごしがちな床ですが、たまには足元にも目を向けてみたいな!と思いました。

今回は、「大人ココアの世界」と「美しい床の世界」の2本立てでした。

「大人ココアの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「大人ココアの世界」のネタバレと感想とまとめ。