2020年2月25日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

今回は、「しゃばしゃばカレーの世界」と「春モンブランの世界」の2本立てでした。

923bdecedf80d71b3bfab98a401d2436_s_030120_120204_AM

その中から、「しゃばしゃばカレーの世界」についてまとめました。

「春モンブランの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「春モンブランの世界」のネタバレと感想とまとめ。

出演者・オープニング

出演者は、マツコ・デラックスさん。そして、毎日カレーを食べ続けるカレー3兄弟の南場四呂右さん、福岡裕介さん、竹中直己さんです。

長男の南場さんは群馬県出身の41才、会社員で4609日(13年目)の連続カレー記録を持っています。次男の福岡さんは石川県出身、40才の教科書編集者で2582日(8年目)。三男の竹中さんは、茨城県出身の39才でウェブディレクター、1467日(5年目)です。

3人とも口ひげとあごひげを生やしていて、マツコさんの第一印象は「今の所、信用度ゼロ」でした(笑)。

3人がカレー生活を続けてわかったことは「一番癖になるのはしゃばしゃばカレー」ということ。カレー3兄弟が行き着いたしゃばしゃばカレーの魅力に迫ります!

しゃばしゃばカレーの秘密

小麦粉を使わないしゃばしゃばカレーは、低カロリーでヘルシー。さっぱりしているので、女性にも人気が出ているのだそう。

マツコさんの好みは、スプーンを逆さまにしても落ちないぐらいのどろどろカレーと発覚!これは受け入れられないかもしれないと心配になるカレー3兄弟…。

そんなマツコさんに用意されたのは、しゃばしゃばの王道「デリー」のカレー。上野、銀座などに店舗があるインドカレー専門店です。

マツコさんが食べると「見た目と違って口に含んだ時にとろみを感じる」「これめちゃくちゃうまい!」と大絶賛でした!

関連ランキング:インドカレー | 上野広小路駅湯島駅上野御徒町駅

しゃばしゃばの名店5選

しゃばしゃばのカレーは、ご飯の盛り方にもこだわっています。3兄弟は、断崖絶壁のようにご盛り付ける「屏風ヶ浦」、島のように丸く盛り付ける「竹生島」、真ん中にご飯を盛って2種類のカレーを食べられる「天橋立」の3タイプに分類しています。

1つ目の名店は神保町の「エチオピア」で、屏風ヶ浦タイプ。2つ目の新宿「モンスナック」のカレーは、琵琶湖に浮かぶ竹生島のようにご飯が盛られています。

ちなみに、長男・南場さんは全部崩してから食べる派で、三男・竹中さんは少しずつ崩して食べる派だそうです。

3つ目の学芸大駅「VOVO」は、お皿の真ん中にご飯をギュウギュウに四角く盛り付けています。それを見たマツコさんは、昔近所のスーパーOlympicで詰め放題のご飯を餅になるぐらいご飯をパック詰めしていたところをオカマ友達に目撃され、2丁目で言いふらされたという悲しい過去を思い出してしまいました(笑)。

三男・竹中さんが訴えたいしゃばしゃばカレーの魅力は「ご飯に深く染み込む」ということ。竹中さんがおすすめする4店目は、荻窪「すぱいす」の日本ほうれん草とチーズのカレーです。

マツコさんが試食すると「けっこう和な感じ」「ちょっとお出汁っぽい」と感じます。実は隠し味に3年間発酵させた味噌を使用!在来種で深い甘みのある日本ほうれん草と味噌が効いた、ご飯に染み込む絶品カレーでした。

見事に隠し味を当てたマツコさんは、スタッフと握手をして喜びを静かに噛み締めました(笑)。

最後の5店目は、長男・南場さんがおすすめの新宿2丁目の「Curry草枕」の、なすトマトキチン。「カレー味のポタージュを食べてるみたい」とマツコさんが言うほど、野菜のうまみがぎっしりです。

南場さんが感じるしゃばしゃばカレーの魅力は、どろどろカレーでは味わえない酸味と爽やかさ。特にここのカレーは、食べている途中でミニトマトを潰すと酸味がupしておすすめだそう。

関連ランキング:カレーライス | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

関連ランキング:カレーライス | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

関連ランキング:カレーライス | 学芸大学駅祐天寺駅

関連ランキング:インドカレー | 荻窪駅

関連ランキング:カレー(その他) | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

現地系の本格カレー2選

次男・福岡さんが主に食べ歩くのは、インドやパキスタンなどの現地系カレー。パキスタンカレーは埼玉県八潮の「カラチの空」、群馬県館林の「パミールマート」など。バングラデシュカレーは錦糸町「アジアカレーハウス」、スリランカカレーは早稲田の「アプサラ」など、全国に現地の味を食べることができるカレー屋さんがあります。

その中でも、厳選した2店をご紹介!

新大久保は、いまやリトルカトマンズと言われるほど、ネパールレストランが増えていました。ネパール食材屋の奥にあるカレー屋「ベトガト」は、お客の9割がネパール人という異国感あふれたお店です。

「日本スゲー国になってきたな!」と、マツコさんも興奮気味(笑)。ダルバール(カレー定食)は500円という激安っぷりでした。

福岡さんが伝えたいしゃばしゃばカレーの魅力は、スパイスのフレッシュさ。それを味わうのにおすすめなのは、経堂にある「スリマンガラム」だそう。

都内の有名店を渡り歩いたスーパーシェフ・マハリンガムさんが、1月3日にオープンしたばかりのお店です。

スパイスをふんだんに14種使い、カレーリースやミントなど生のハーブで香り豊かに仕上げています。

本場らしく、銀色のお皿に並んだ5種のカレーが登場!野菜カレーはマンゴー入りで、1口食べると程よい辛味と甘み。豆カレーはシチューのようだとマツコさんも「おいしい!」と絶賛です。

その横で長男がガツガツとテレビを気にせずに食べているのを、マツコさんが思わず「ガンガン食ってんな!」とつっこみます(笑)。長男はまだ「マハさんのお店まだ行ったことなくて…」と、少し照れていました。

関連ランキング:ネパール料理 | 新大久保駅大久保駅西武新宿駅

関連ランキング:インド料理 | 経堂駅宮の坂駅山下駅

最後に

今回は、各名店のしゃばしゃばカレーを注ぐところをスーパースローで撮影していて、カレー3兄弟が感激の声を上げていました。

マツコさんは冷静につっこんでいましたが(笑)。しゃばしゃばはヘルシーということで、カロリーが気になる人にもぴったり。

マツコさんも、予想外の味わい深さに驚いていましたね!

今回は、「しゃばしゃばカレーの世界」と「春モンブランの世界」の2本立てでした。

「春モンブランの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「春モンブランの世界」のネタバレと感想とまとめ。