2017年10月24日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

今回は、「ホットケーキミックスの世界」と、「良い子が育つ怪獣の世界」の2本立てでした。

2fc8947608b6d28676c86b3112f6e094_s_111917_120837_PM

その中から、「ホットケーキミックスの世界」について、まとめてみました。

「良い子が育つ怪獣の世界」は、こちらをご覧下さい。

出演者・オープニング

出演者は、マツコ・デラックスさん。そして、HMに人生を救われた女、林瑞季さんです。

ちなみに、HMとは、ホットケーキミックスの略称です。料理サイトや、雑誌の特集では、アルファベット表記で、記事が書かれていることが多いということから、この表現ですが、読み方が分からなかったマツコさんは、「今日は中止」と、気に入らないようでした。

いまだ、収まることのないパンケーキブーム。それに伴い、自宅で簡単に作れるHMが大人気!そして、そんなHMに、人生を救われた女性が登場し、衝撃の過去を告白します。今回は、死の淵をさまよったマニアが厳選する、幸せになれるHMから、簡単にできるアレンジ料理までを、ご紹介してくれます。

登場して、まず林さんが紹介したのが、これから来るであろう、HMブームです。日本最大の料理レシピサービス、クックパッドでは、既に5万件以上もの料理が掲載されています。いまや、食材の一つとして、ストックしている家庭も多いようです。

様々な雑誌で、HMを使ったアレンジ料理の特集が組まれ、アレンジレシピコンテストが開催されるなど、広がりを見せています。

ここで、HMの定番「森永ホットケーキミックス」が登場すると、マツコさんのテンションも上がります。子供の頃は、よく自分で作っていたそうですが…今回でまた、作りたいなと思ってくれるのでしょうか?

パッケージの裏面を見て、「久々にプツプツを見たくなってきた」と、昔を懐かしみ「心象風景だわ」と、心情を表現したマツコさん。“メープルタイプシロップ”という、シロップ風のソースの話題でも、盛り上がっていました。

ちなみに、最初の表記“HM”は、普段本当に使っているのか、林さんに聞いてみると、「言わないけど、書きます」との返答が。この答えを聞いて、スタッフに「やっぱり言わないじゃん」と、文句を垂れていました。

そして、定番の森永ホットケーキミックスで作った、ホットケーキを試食してみます。何もつけずに、食べてみると、「こんなに甘かったっけ?」と、かなり驚いていました。

先ほど話題に出た、メープルタイプシロップが一緒についているのが、「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス バニラタイプ」です。言わずと知れた、老舗のホテルニューオータニが監修した、ちょっと贅沢な気分の時に食べたい、少し高級なホットケーキミックスです。

その、HMで焼いたホットケーキが出てくると、森永との違いが、一目瞭然!厚みが全然違いますね。メープルタイプシロップをかけて、食べてみます。バニラの風味が、しっかりとした、ホットケーキです。シロップも、先ほどはニセモノだと言っていましたが、やっぱり美味しかったようです。シロップたっぷりで、美味しそうでした。

HMに救われた女性の壮絶人生

林さんは、和歌山県出身の31歳です。現在は料理ブロガーを、職業として活動しています。

5歳の時に、料理が苦手なお母さんの為に、HMで料理のお手伝いをしたのが、出会いです。

23歳の時に、病気で入院し、療養中に料理の本を読みふけって、知識をつけます。その病気というのが、摂食障害という拒食症です。当時は、23kgという、小学生並の体重で、髪の毛も全部抜け、死んじゃう直前という、悪い状態だったそうです。

寝ても覚めても、食べ物のことが頭から離れず、食べたら治ると分かっていても、食べられない、苦しい状態だった、林さん。そんな時に、林さんのお母さんは、ずっと付き添ってくれて、半年間も家に帰らず、一緒にいてくれたと言います。だから、いつか治った時に、恩返しの気持ちで、27歳の時、母親に捧げる、料理本を出版しました。今でも美味しくないという、お母さんの料理が、林さんの料理本で美味しくなることを祈ります。

現在は料理ブロガーとして、頑張っている林さんは、活動していく中で、HMの需要に気づき始めます。そこで、人気ブログにしようと、HMを利用し始めたと話しました。人気を獲得するには、背に腹は代えられないですからね。しかし、結局そんな動機で始めても、どんどん自分がハマってしまい、今に至ります。

ホットケーキミックス=HMなど、この番組で世の中のことを知ることが多いと言うマツコさんですが、今回の呼び方の件については、知らなくても全然悔しくないと話していました。

オススメHM&超簡単アレンジ料理

現在、市販されているHMは、50種類以上もあります。そんな中で、今回は厳選した4種類を、紹介してくれました。

1つめは、ホットケーキを侮っている人にはコレ!「日清 ホットケーキミックス 極もち」国産小麦100%使用で540g、324円です。食べてみると、極もちだけあって、もっちもち!マツコさんは、まるでどら焼きの皮のようだと表現していました。程よい甘さが、特徴です。どら焼きの生地など、和菓子のアレンジがオススメで、あんこに合いそうと話していました。

そして、この極もちを使ったアレンジレシピを、林さんが考えて作ってきてくれました。それが、中華まんです。HMで作られているとは、想像できない、見た目はしっかりとした中華まんですが、お味はどうでしょうか?

口に入れた瞬間「中華まんっぽい!」と驚くマツコさん。確かに、中華まんの生地は、少し甘いですもんね。でも、それをHMで作ってみようと思う発想が、すごいな~と思いました。何の違和感もなく食べられて、美味しいなんて!

作り方は、とっても簡単だそうで、

  1. 生地作り→材料:HM 150g、牛乳 大さじ4、サラダ油 小さじ1を混ぜます。
  2. 餡作り→材料:ひき肉、長ネギ、オイスターソース、生姜チューブ、ごま油、しょう油、酒、塩コショウ、片栗粉を、お好みの分量混ぜます。
  3. 生地を伸ばして餡を包む→餡を乗せたら、生地の対面同士をしっかり重ね、餡がこぼれないように、4回繰り返す。
  4. フライパンで蒸す→油をひいたフライパンで、焼き色がついたら、水200ccを加え、蓋をして、中火で6分蒸し焼きにしたら、出来上がりです。とっても簡単。

試食で用意していた2個を、あっという間に完食し、かなり気に入った様子の、マツコさんでした。

続いて、紹介するのは、料理の楽しさを教えてくれる!「cotta ホットケーキミックス」500g、377円です。パッケージはシンプルで、まるで業務用のような見た目です。それもそのはず、cottaは、製菓や製パンを専門に扱う、ネット通販の会社だそうです。なので、プロの方が使う、HMだと言います。惣菜系のアレンジが、オススメのHMです。

これで、林さんが作ったアレンジ料理は、アメリカンドッグです。甘めの生地が、アメリカンドッグと、よく合うそうです。美味い、美味いと、夢中で試食していました。

作り方は、

  1. 生地を作る→材料:HM 100g、牛乳 大さじ2、卵 1個、マヨネーズ 大さじ1を混ぜます。
  2. ウインナーをくぐらせ揚げる→半分に切って、楊枝を刺したウインナーを、衣にくぐらせ、160℃の油で、転がしながら揚げれば、完成です。こちらもとっても簡単。

3品目は、余ったHMで意外な使い道「ケーキのようなホットケーキミックス」394円です。分厚いホットケーキは、本当にケーキのようです。“ル パティシエ タカギ”の、高木康政シェフが監修しています。ナイフを入れると、見ているだけで、ふわふわなのが分かります。食べた中で、一番スポンジに近いと言い、香りもとてもいいそうです。バニラとバターの風味が香り、しっとりふんわりとした焼き上がりが特徴だと言います。

この商品で、林さんが冬に一番オススメの、クリームシチューを作ってくれました。HMで、本当にクリームシチューが作れるのでしょうか?小さめの具が、たくさん入ったシチューを食べてみると、「クラムチャウダーっぽい」と言いますが、市販のルーが入っているような感覚で、味は美味しいそうです。

これも、作り方がとっても簡単で、

  1. 材料を混ぜる→材料:牛乳 150cc、水 150cc、コンソメ顆粒 小さじ1、HM 大さじ2を混ぜます。
  2. 中火で具材を炒める→材料:バター 10g、ベーコン 2枚、冷凍ミックスベジタブル 100gをフライパンで炒めます。このベーコンの塩気だけで、しっかりと味が出るそうです。
  3. 具材が温まったら1.を加え混ぜる→沸騰する直前に弱火にし、さらに1分加熱して出来上がり。5分でできる超簡単シチューです。

また、牛乳を少なくし、HMを多くすると、グラタンもできるという、万能なアレンジレシピでした。作ってみたい!

マツコに食べてもらいたい最新アレンジ料理

最後に林さんが、マツコさんにどうしても食べてもらいたいという、イチオシHM料理を、ご紹介しました。

それが、前テーマ4選の4つ目、「TOMIZ ホットケーキミックス」500g、464円で作る、アレンジ料理です。その料理とは、ピザ風ホットケーキ!果たしてどんな仕上がりになっているのか?

見た目は美味しそうなピザそのもの。「甘い生地がいいね」と、美味しそうに食べていました。

このピザ風ホットケーキも、作り方が超簡単なようで、

  1. 生地を作る→材料:HM 150g、牛乳 大さじ4、オリーブオイル 小さじ2、塩 一つまみを混ぜてこね、生地を作ります。
  2. 生地を伸ばして具材をのせる→サラダ油を敷いたアルミの上で薄く伸ばし、好きな具材とチーズをのせる。
  3. 焼く→180℃のオーブンで10分焼いて完成です。

いろんなアレンジ料理を食べてみて、HMが人気の理由が分かったと、マツコさんは言います。便利で、みんなが知っている懐かしい味が、安心するんでしょうかね。

料理はしないマツコさんも、これをきっかけに、「ホットプレートは買うかもね」と、今回のテーマをとっても気に入ったようでした。

最後に

HMでよくお菓子とかを作っていたので、万能だということはわかっていましたが、お惣菜系にもよく合うとは、そして、こんなに簡単だとは!試してみたくなりました。

今回は、「ホットケーキミックスの世界」と、「良い子が育つ怪獣の世界」の2本立てでした。

「良い子が育つ怪獣の世界」は、こちらをご覧ください。