2018年1月23日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

今回は、「みかんの世界」と「プラレールの世界」の2本立てでした。

その中から、「みかんの世界」について、まとめてみました。

4be12c1dd7bc756e37e6c4066ae7c3f3_s_022418_105824_PM

「プラレールの世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「プラレール旅行の世界」のネタバレと感想とまとめ。

出演者・オープニング

出演者は、マツコ・デラックスさん。そして、みかんにハマり過ぎてしまった東大6年生、清原優太さんです。

登場した清原さんが着ていたのは、”Mikan Fan Club”とみかんのイラストが描かれた、パーカーでした。みかんが好きすぎて、「東大みかん愛好会」という、みかんの消費量を、上げるための活動を行うサークルを作ったと言います。メンバーは200人で、知名度は高いようですね。みかんの普及イベントや、農家の収穫をお手伝いするなどの活動を、精力的に行っているそうです。

インカレと言って、複数の大学で構成されるサークルなので、東大生目当ての他大学の学生が、沢山集まっていそう?ですが、みかん活動がガチすぎて、みかん目当てじゃない人はどんどん抜けていくと言います。それで200人もいたら、すごい事です。

今回、清原さんが番組に出演した理由が、「みかんブームを起こして、生産者の力になりたい」。今、全国のみかん購入料が、全盛期の約70%も、減少しているというのです。

1980年は1人あたり14.5kg食べていたのが、2009年には1人あたり4.5kgに、減少。この現状に衝撃を受け、ひたすらみかん産地をめぐる旅に、出たそうです。

マツコさんは「その前に大学卒業しようと思わなかったの?」と聞かれると、「来週卒業をかけた試験がある」と、清原さんは答えます。これに落ちると、退学を超える除籍になってしまい、入学した経歴も消されてしまうという、厳しい現実が待っているのです。これには、マツコさん「みかんバカだ~!」と、呆れていました。

今回は、生粋の”みかんバカ”が、みかん農家を救う!みかん普及の為、1年の半分を、全国の農家でのお手伝いに費やし、その結果、単位不足で2度留年した、清原さん。

そんな男が、今が旬の絶品みかんを、猛烈プレゼンします!

まず清原さんが、皆さんに気づいていただきたいこととして、「ぜひ偏差値75のみかんを知ってほしい」と言います。

清原さん独自の、みかん偏差値の定義が、偏差値50→スーパーでお手頃で買えるみかんだそうです。

そして、偏差値75→一流農家の厳選されたみかんなのだそう。

その、偏差値75のみかんが、情緒不安定になるほどうまい日本一みかん、和歌山県にある的場清さんの『的兵みかん』(1個240円前後)です。

清原さんが算出した、五角形のグラフでは、知識やこだわり、カリスマが高く評価してありました。

的場さんの的兵農園は、全国の農家に影響を与える、みかん界の重鎮だと言います。

試食してみると、「上品な味」だそう。糖度が13~15度で、コクの果汁と爽やかな風味が特徴です。徹底した品質管理で、時間が経っても味の劣化が少ないのも、大きなポイント。

この的兵みかんは、京都の中央市場で、限られた人しか買えない、幻のみかんなのですが、なかなかそれは難しい…

そこで、みかんを買うならココ!として、清原さんがオススメしたのが、「成城石井」です。

新鮮なフルーツが置いてあると、マツコさんも普段よく利用するそうですが、清原さんが出会ったすごいみかん農家さんも、成城石井に出荷していると言います。

それが、和歌山県にある三枝さんの三孝農園です。的場さんのお弟子さんでもあります。

ここで、清原さんが、三枝さんのみかんと、普通のみかんを出して、美味しいみかんの見分け方を、レクチャーしてくれました。

  1. ヘタが小さい
  2. 肌がキメ細かく滑らか
  3. 皮と実に隙間がない

の3つのポイントです。

ヘタが小さいと、水分が届かないので、飢餓状態となり、甘くなる成分が出るのだそう。

さらに、キメ細やかで、皮と実に隙間がないほど、糖度が高まり、味が濃くなると、清原さんは教えてくれました。

それを踏まえた上で、三枝さんのみかんを食べてみると、皮が厚めで、味が濃いとコメント。

もう一方を食べてみると、やはり全然違い、ぼやけた味だと話しました。

さらに、みかんの房の中にある、果汁が入った小さいつぶつぶ、いわゆる”砂じょう”が、奥が深いのだと言います。

スポンサーリンク

偏差値75以上の押しみかん農家4選!

新しいみかんライフを提案という事で、清原さんは、「押しみかん農家を探そう!」と話し始めます。

そうすると、新たなみかんの新境地が開けると言うのです。

まずは、みかんの大トロ『せとか』。

愛知県の尾崎智彦さん作の、1個1,000円前後もする、高級品です。

紹介するために、スタッフが向かったのは、ハウス栽培が盛んな、愛知県蒲郡市。

栽培する尾崎さんは、これまで10回以上も品評会で賞を受賞し、蒲郡の草分け的存在。

早速ハウスの中を見せてもらうと、綺麗なみかんが、たくさんなっています。中央部分を真っ二つに割れば、溢れ出す果汁が濃厚でみずみずしい、まるでゼリーのようなとろける食感が、最大の魅力のせとかです。手で絞ってみると、ものすごい果汁が出てきました。

マツコさんへのメッセージも貰い、スタジオでせとかを試食します。

尾崎さんオススメの食べ方。真っ二つに切って、いざ実食。

溢れ出す果汁に、困惑するほど。程よい酸味も、美味しいようです。

栽培法方が困難なため、値が張ると言います。

続いて紹介してくれたのは、究極のプチプチ感『甘平』です。

これがあるのは、愛媛県の離島・中島。みかん農家の岩上貴俊さんが作っています。島内トップクラスの、やり手農家だそうです。

水分が少なめで、粒だったプチプチの食感が抜群なのだとか。

みかんを作る傍ら行っている、バンド仲間とのラップで登場した、甘平を試食します。

ヘタ部分から剥き、筋が取れやすく爪が汚れない北極剥きと呼ばれる剥き方で、いざ実食。

果汁が少ないため、パリパリとした音がします。食感抜群の大粒の果肉と、酸味が少なく強い甘さが特徴で、砂じょうが弾けていますねー!栽培している農家が少ない、希少な品種です。

実はこのみかんが、関東圏で食べられる場所があります。

それは、『ハッピーバーバー マツノ』さんです。日本一みかんを売っている、床屋さんで、神奈川県にあり、年間1トンものみかんを、販売していると言います。ネット通販も、可能だそうです。

みかん界では今、品種の大爆発が、起きているそうで、なぜみかんが盛り上がらないのかと言うと、品種が全然知れ渡っていないからだと、清原さんは考えています。

現在のみかん品種数は、約120種類以上ありますが、各県の対立で、産地同士の争いがあり、なかなか外部に流出しにくいこと。話題作りを積極的に行っていく必要があると、清原さんは力説しました。

次にオススメしてくれたのが、奇跡的に生まれたツンデレみかん『はるか』です。

愛媛県の二宮新治さん作の、1個80円前後のお手頃なみかんです。

最近、女性を中心にじわじわと、人気が高まっていると言います。

レモンのように黄色い色で、少し酸っぱそう。皮を剥いてみると、筋が多く、果肉も黄色です。

レモンのような見た目に反し、爽やかな甘さが特徴。栽培している二宮の包容力がすごくて、二宮さんに会いたい学生が、愛媛県へ通うほどいるのだそうです。

最後は、今後絶対に流行するインスタ映えみかん”土佐文旦”を、紹介しました。

高知県の白木浩一さん作で、1個500円前後するみかんです。

とても大きくて、綺麗なまん丸ですが、作り方が非常に困難だと言います。

大粒の果実が立派な文旦ですが、剥き方が普通とは一味違います。

高知県民御用達の、皮むき器”ムッキーちゃん”を使って、芸術的な皮剥きをして、インスタ映えを狙います。かなり難しそうですが、逆に楽しくなってくると、清原さんは話しました。

実は弾力が凄そうで、程よい酸味も美味しそうでした。

もうひとつ、紹介してくれたのが、ギネス狙えるほど糖度が乗ったみかん『越冬紅』です。

実はこれは、和歌山県の井上信太郎さんと、清原さんが、共同で作ったみかんなのだそう。1個400円前後です。

日本一甘いみかん作りに挑戦中で、若手の井上さんと、協力して作っています。

スタジオには、井上さんが直接、越冬紅を届けてくれました。

普通のみかんよりも、かなり色が濃いですが、もともと酸が強い品種のもので、11月に出荷していたのを、1月まで完熟させて、甘さを増加させているのだと言います。

食べてみると、「甘っ!」と、歯が浮くくらいの甘さに驚いていました。17度という糖度は、普通のみかんの糖度を遥かに越えています。これは気になりますね!

最後に

みかんにこんなに品種があるなんて、知りませんでした!

最近では、健康にもいいと言われているので、積極的に食べていきたいですね。