2018年2月20日に放送された「マツコの知らない世界」を見ました。

今回は、「親子丼の世界」と「口笛の世界」の2本立てでした。

55ffb327573abaeb1c14ec1913def367_s_070718_021204_PM

その中から、「口笛の世界」について、まとめてみました。

「親子丼の世界」は、こちらをご覧下さい。

マツコの知らない世界「親子丼の世界」のネタバレと感想とまとめ。

出演者・オープニング

出演者は、マツコ・デラックスさん。そして、プロ口笛奏者として生きていく事を決めた大学4年生、青柳呂武さんです。

口笛が吹けないマツコさんは、今回はやる気ゼロと、初っ端からぶった斬りました。

G戦場のアリアを奏ながら登場した、青柳さんを見て、「ヤバイ奴だ!」と、警戒するマツコさん。でも、演奏は見事です。

今、日本人口笛奏者が、世界大会を席巻!アツい口笛の世界を、案内してくれるのが、日本人成人男性初、世界大会優勝を経験した、大学4年生の青柳呂武さんです。今回は、世界で活躍する、口笛奏者が、可憐な音色を奏でます。さらに、吹けない人必見!青柳流口笛テクニックも、教えてくれます。

そして、今回の効果音は、全て青柳さんの口笛という、特別バージョン!

スポンサーリンク

もはや楽器!口笛奏者とは?

24時間いつでも練習!口笛奏者の1日として、紹介してくれたのは、青柳さんの毎日のスケジュール。

午前中には、体幹トレーニングとして、腹筋・背筋・腕立て・スクワットを各50回。

午後には、口笛4大奏法の反復練習をします。4大奏法とは、”ウォーブリング”・”インアウト”・”リッピング”・”タンギング”です。

ウォーブリングとは、舌を動かし、音の高さを瞬時に変えること。

インアウトとは、空気の出し入れで、音を区切ること。

リッピングとは、唇の穴を開閉することで、音を区切ること。

タンギングとは、「ル」と発音しながら、音を区切ることです。

色々な奏法で、豊かな音色を奏でているんですね。

日本人は口笛レベルが高い!口笛世界大会

プロ口笛奏者になるための登竜門が、口笛世界大会(WWC)です。

1970年に、アメリカで第1回世界大会が開かれ、2014年以降は、2年に1度日本で開催されています。ジュニア・成人・シニアなど、部門がわけられ、世界中から出場者が集結するのです。

日本人奏者が、頂点を獲り始めたのは、2007年からで、女性の方がチャンピオンが多いようです。

そんな、日本人の口笛レベルが上がったキッカケが、2007年に分山貴美子さんが、日本人で初めて、口笛世界王座を獲得したことです。今回はスタジオに登場して、口笛を披露してくれます。

登場した分山さんは、ウクレレを肩にかけて、先には鳥のぬいぐるみが。キャラが濃そうですね。しかし、演奏が始まると、鳥の鳴き声から、ウクレレの伴奏にのせて、軽快に、滑らかな口笛を、見事に披露してくれました!さすがです。

他にも紹介したいという、口笛奏者の方が、2016年大会で、青柳さんの2連覇を阻んだ、香川が産んだ高音サラリーマン、田所敦さんです。『ハナミズキ』を披露してくれ、優しくて、綺麗な高音に聞き惚れました。世界一の3.5オクターブ、見事です。

続いて紹介してくれたのは、神奈川の速吹き公務員、海老原雅司さんです。2016年の口笛世界大会では、8位入賞の実力者。『トルコ行進曲』を、披露してくれましたが、さすがの速吹きと、アレンジを加え、唇と喉で交互に音を切る速さが、世界トップレベルの実力を見せ付けられました。

マツコ口笛初挑戦!きらきら星♪

僕の叶えたい夢として、青柳さんは、マツコさんと一緒に、きらきら星を口笛で奏でたい!と、発表します。

口笛が吹けないマツコさんですが、今回のために青柳さんが、3つのポイントを教えてくれるそうです。

青柳流!口笛講座

  1. 唇を小さく丸くする
  2. 舌を平らに横にする
    →舌は「い」の発音を意識して形を作る
  3. 歯と歯の隙間を約1cm

なかなか出なかった、マツコさんの口笛も、練習するにつれて、だんだん音が出るようになってきました!すごい!

そして、初演奏のきらきら星を、2人で一緒に披露しました。音程はなかなか際どかったですが、全く吹けなかったことを考えたら、お見事でした。

最後に

口笛奏者の方には、キャラ強い人が多いことが分かりました。

それにしても、やっぱりプロの演奏は、本当に楽器のようで、思わず聞き惚れてしまいました。