今回の「家政婦のミタゾノ」第5話は有名デザイナーが新しいアイデアが浮かばなくなって弟子の作品を盗用してしまうお話です。

弟子役の佐藤仁美さんのダイエットネタも随所に登場して面白い回でした。

21b19a9c393429766572e9c30c1acc36_s_052718_074749_PM

「家政婦のミタゾノ」第5話のあらすじとネタバレをまとめました。

家政夫のミタゾノ 第5話あらすじネタバレ!

成りすまし

ドラマ「家政夫のミタゾノ」では、三田園(松岡昌宏さん)と真琴(剛力彩芽さん)は有名なデザイナーの森品千恵子(宍戸美和公さん)のお宅へ家事を手伝いに行きます。

しかし森品千恵子はそのころ、弟子で家政婦の木口一美(佐藤仁美さん)と言い争ってもみ合い、棚の角に頭をぶつけて風呂場に運ばれ倒れていたのです。

原因は、森品はアイデアが浮かばなくなって弟子の一美のデザインを盗んで自分のものとして発表していたからです。

森品千恵子が死んだと思った一美は逃げ出そうとしますが、玄関先で三田園たちと出くわします。

慌てた一美は三田園たちに「用事で出かけるので今日は帰って!」と云いますが、そこへ広告代理店の岡見という男が現われて「デザインをもらうまで帰れない」と言って家の中へ入り込んでしまいます。

森品千恵子は顔を外部に公表していないので岡見も一美を森品と勘違いして「先生」と呼んでいます。

仕方なく一美は高品に成りすましてデザインを書くことになり、その仕事が終わるまでの間の家事は三田園と真琴がすることになります。

立場が逆転

ところがしばらくすると、森品千恵子が息を吹き返して三田園や一美の前に現れます。

しかし、記憶が飛んでいて自分が誰だかも思い出せません。

一美はそれをいいことに「この人は前の家政婦の木口一美」です、と嘘を言って切り抜けようとします。

森品は訳が分からず、一美のいう事に従って家事の引継ぎを三田園たちとし始めます。

一美は森品千恵子を偽ってデザインを書こうとしますがアイデアは浮かんでもそれを形にすることが出来ません。

一美が悩んでいると森品の大好物の高級ワインを差し入れに岡見がキッチンに現れます。

三田園は、岡見からそのワインを受け取ると料理用の安物のワインと差し替えてワイングラスに注ぎ仕事部屋の一美へ持ってゆき勧めたのです。

お酒の飲めない一美は正体がバレるのを怖れて飲んでしまい、三田園から「いつもの味ですか?」と問われて「そうです」と答えてしまうのでした。

共同作業

真琴は記憶喪失になった森品が、お掃除をいつも通りすれば思い出すかもしれないと付き添って教えています。

そこへ森品の記憶が戻ってしまっては困る一美が現われて掃除を止めさせ、「直ぐに帰って!」と真琴の前に1万円札を3枚差し出すと、高品はお札の匂いを嗅いですべてを思い出します。

ここで高品と一美は再び喧嘩を始め収拾がつかなくなったところで、三田園が自家製バニラアイスを作ると称してタオルでサイドボードに飾ったトロフィーをなぎ倒し壊してしまいます。

落胆しひざまずく高品千恵子と正体がバレて途方に暮れる木口一美に、三田園は「2人協力してデザインを創りあげたら?」と持ち掛けます。

“一美のアイデアを高品がまとめ上げてデザインにする“この共同作業で2人とも自分の力を生かす仕事ができると気付いた高品と一美は新たな仕事に取り組み始めます。

佐藤仁美さんのリバウンドはあるの?

第5話で木口一美役を演じた佐藤仁美さんは、ライザップのCMでダイエット効果をアピールしていましたね。

3カ月で12kgも痩せて、お腹もスッキリしていました。

しかし、リバウンドは大丈夫なのでしょうか?

心配ですね、気になります。

ドラマの中でも三田園が一美にネタで「リバウンドは?」と何度もイジっていましたよね。

そのたび、一美はすました顔で「ありません」とか「大丈夫です!」と答えていました。

でも本当にリバウンドは無いのでしょうか?

ダイエット後にリバウンドをしない方法を調べてみました。

するとポイントが2つあることが解りました。

  1. ダイエット後も糖質摂取が増えないように気をつけること。
  2. 運動をして基礎代謝を増加させたトレーニングを継続すること。

つまり、カロリーの摂取を控えて消費を促すという基本を続けていればリバウンドは防げそうなのです。

当たり前の様ですがこれに代わる方法はないようです。

スポンサーリンク

第5話、家事の裏技ネタバレ!

さて、今週の三田園の家事の裏技は3つ登場しました。

初めは、玉ねぎを切る時に目に染みない方法でした。

切る前に冷水につけておくのはふつうに知られた方法でしたが、切る際に割りばしを噛むというのは意外でしたね。

割りばしを噛むと唾液が出て涙が出るのを押さえ目が染みたように感じないのだそうです。

次は、アルミホイルを丸めてジャガイモの皮をむく方法です。

ジャガイモが新しい内に水につけながらアルミホイルでこすると簡単に皮がむけるそうです。

これはさっそく試してみたい裏技です!

最後は三田園が部屋の中でトロフィーをなぎ倒した自家製バニラアイスの作り方。

市販の保存袋に牛乳、ガムシロップ、バニラエッセンスを入れてよく揉み込んでおき、さらに大きめの保存袋に塩と氷と揉み込んだ材料を袋のまま入れてタオルで巻いて良く振り回すと4~5分で自家製バニラアイスの完成です。

この方法は時間と体力に余裕のある方にお勧めです。

最後に

「家政婦のミタゾノ」第5話はアイデアが浮かばなくなった有名デザイナーと弟子の共同作業という結末へ三田園が導くお話でした。

ところでネットでは佐藤仁美さんのリバウンドが気になっている人が多いようですが、逆に芸能界では「リバウンドを期待している」人もいるようです。

「スレンダー美人」はいくらでも芸能界にはいるけれど、佐藤仁美さんのような「ポッチャリ系でズケズケ言うタイプ」の女優さんは少ないというのがその理由。

確かに佐藤仁美さんのようなベテランでコミカルな演技ができる女優さんは太っていた方がお似合いですからね。