秋は「食欲の秋」と言われていて、秋の味覚として「きのこ」を食べる人が多いです。

きのこには栄養があり、好きな人は季節を問わずに食べる人もいます。秋を過ぎて冬の季節になると、お鍋で使われることも多いです。

64be105586b97e982c103aa4edeaed78_s_092318_074248_PM

きのこは、いろいろな食べ方もあるので誰でも食べられて主婦の味方でもあります。

きのこには、どのような栄養があるかまとめてみました。

きのこには、どのような栄養があるか?

秋によく食べられる「きのこ」には、たくさんの栄養があります。

食物繊維

食物繊維は、きのこの中でも大事な栄養で女性には見逃せない要素です。

整腸作用があるので、便秘予防に効果的で女性には嬉しいです。

ただ食べ過ぎてしまうと、お腹がゆるくなる可能性があるので注意が必要ということは考えられます。

ビタミンB類

ビタミンB1やB2などがありますが、これらは体内の細胞にエネルギーを供給するために働く栄養です。

水溶性なので、水に溶けやすく熱に弱い栄養なので食べ方には注意が必要です。

疲労回復やダイエットに効果があり、健康な肌を作る働きもある可能性もあります。

きのこの種類の中では、「乾燥しいたけ」「えのき」「まいたけ」などにはビタミンB群が多く含まれています。

葉酸

葉酸はDNAの生合成に関わっていて、妊婦さんにはとても大切な栄養です。

「乾燥しいたけ」は、葉酸が多く含まれているので妊婦さんにはオススメです。

ビタミンD

ビタミンDは脂溶性なので、油と組み合わせて食べると吸収率を上げます。

カルシウムやリンの吸収を促進して、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防に効果的です。

「乾燥きのこ」はビタミンDが豊富で、他には「ほんしめじ」「まいたけ」「マッシュルーム」がオススメです。

ミネラル

ミネラルは、骨や体の調子を整えます。ミネラルは、体内で作ることが出来ない栄養なので進んで摂取すると体に良いということは考えられます。

ミネラルは、「乾燥しいたけ」「エリンギ」などに多く含まれています。

きのこには、たくさんの栄養が含まれていて体に良いです。

例えば食物繊維は便秘予防に良かったり・葉酸は妊婦さんに良かったりします。

ビタミンDは、骨粗鬆症に良かったりするのでたくさん摂取すると嬉しいです。

スポンサーリンク

きのこの栄養をしっかり摂る食べ方は?

きのこには、「たくさんの栄養がある」と分かっても栄養を逃してしまう食べ方をしている人もいます。

それでは、どのような食べ方が良いのでしょうか?

調理前に水洗いしない

料理をする時は、食材を洗います。でもきのこは、あまり水洗いをしなくても良いです。

ただきのこの種類で、「なめこ」や「マッシュルーム」などは洗った方が良いです。

きのこは、水溶性の栄養が含まれているので水洗いをすると水分を吸って食感が落ちてしまいます。その為、栄養素や風味などが逃げてしまいます。

ただどうしても気になる場合は、調理する直前に少し洗うと良い可能性はあります。

短時間の調理で香りや食感を残す

きのこは、長時間加熱すると栄養が損なわれます。

加熱する時は、「肉や火の通りにくい食材」→「きのこ」の順番で加熱するなど時間を短めにすると良いということは考えられます。

きのこは、油と一緒に料理すると栄養を効率よく摂取できます。油は「足りないかな」というくらいの少しの量で調理するとヘルシーなので女性には嬉しいですしオススメです。

きのこには栄養が豊富なので、しっかり摂取する為に調理方法などを間違えないようにする必要があります。せっかく食べるので、確実に栄養を摂取すると良いです。

きのこの保存方法は?

きのこは、たくさんの種類をまとめて購入する人もいます。そうすると、保存が大変です。

使いきれなくて困ることもあるので、保存する為にはどのような保存方法があるでしょうか?気になるので、見てみます。

生のきのこを冷蔵で保存する方法

生のきのこは、石づきを付けたままでジッパー付きのビニール袋に入れたり・ラップで包んだりします。野菜室で保存するのが、良いという可能性はあります。

湿気を吸ってくれたりもするので、新聞紙に包んで冷蔵で保存するのも良いです。

3日~4日程度もちますが、早めに食べることをオススメします。

干したきのこを冷蔵で保存する方法

干したきのこは、食べやすい大きさに切った後にザルに並べて天日干しをします。

日数は、暑い時期は約1日、寒い時期は大体3日程度が目安です。

保存期間は、干した時間や乾燥の程度により異なってきます。

干し椎茸の場合は1年くらい保存出来て、早めに使い切る方が風味がよく節約にもなるので嬉しいです。

大丈夫だと思っていても、食べ物なので早く食べる方が良いという可能性はあります。

冷凍保存

きのこを食べやすい大きさにして、保存します。いろいろなきのこをミックスにして冷凍保存するのもオススメで、保存期間は1ヶ月くらいです。

きのこの石づきを切り落として、食べやすい大きさに切ったり手でほぐしたりします。

ジッパー付きのビニール袋に入れて、冷凍庫で保存すると良いです。

きのこをまとめて購入して冷凍すれば、使いたい時に使えるので便利です。

解凍するとその間に、旨味が水に溶けだしてしまいます。調理する時には、凍ったままスープや炒め物に入れるのがオススメです。

美味しくきのこを食べる為に、保存方法はきちんとしたいです。しっかりと覚えておくと、より料理が楽しくなります。

最後に

きのこには、たくさんの栄養が含まれています。その為、男性・女性・年齢を問わず沢山の人が食べています。きのこの種類によっては、子供が苦手な物もあります。

特に、女性には良い栄養が多く含まれていて嬉しいです。骨粗鬆症にも良く、歳を重ねると骨はもろくなります。そうならない為にも、たくさん食べていきたいです。

きのこは、いろいろな種類があります。料理方法も様々で、食べ方もたくさんあります。

きのこは家庭では、食べ易いので栄養もたくさん摂取できます。

料理のレパートリーも増えるので、家族の会話も増えて嬉しいということは考えられます。

体の為にも、栄養もたくさん摂取したいのできのこを食べるのは良いです。