犬に歯磨きをしている飼い主さんは、どれくらいいるでしょうか?

実は、犬も人間と同じように歯磨きをした方が良いそうです。

こう聞いて「では、うちの犬にも歯磨きを!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

5902a917b30c8a426c0d22c0d3028249_s_070918_095537_PM

ですが、今まで歯磨きをしていなかったワンちゃんに、いきなり歯磨きをするのは噛まれるなどのリスクもあります。

そこで今回は、犬の歯磨きの必要性と頻度、そして歯磨きの方法についてお話をしていきます。

犬に歯磨きをする必要性について

犬に歯磨きをするなんて、考えたこともない!

という飼い主さんも、いらっしゃることでしょう。

私も昔飼っていた愛犬に、歯磨きをしたことがありません。

ですが、歯磨きをする事でいくつかのメリットがあるんです。

歯周病を予防できる

犬の唾液は酸性なので、虫歯になりにくいと言われています。

ですが、歯周病の進行は人間の数倍速いそうです!

歯周病になると、歯が抜けたりしますので早めの対処が必要となります。

歯磨きをしていれば、歯周病を防ぐことが出来ます。

歯垢を取り除ける

歯磨きをすることで、食べカスや歯垢を取り除くことが出来ます。

犬の歯垢は、人間よりも早く歯石になります。

ですから、歯垢を溜めないようにすることはとても大事なんです。

犬も、稀に虫歯になる事があります。

犬の歯の根っこは長く、虫歯になると治療が大変です。

歯磨きをして歯垢を取り除いておけば、虫歯の予防になります。

口臭予防

歯磨きをしていない人がいたら、やはり口のニオイが気になりますよね。

犬も同じで、歯磨きをしていないと口臭がキツくなってきます。

口臭を気にしている飼い主さんは結構いるようですが、歯磨きの実践で解決したケースも多いです。

どれくらいの頻度で、歯磨きをすればいいの?

歯磨きが必要なのは分かりましたが、一体どれくらいやれば良いのでしょうか?

毎日するのか、たまにで良いのか、または食後の度にやるのか、気になりますよね。

結論から言うと、毎日するのが理想です。

ですが、歯磨きを嫌がるワンちゃんの方が多いことでしょう。

毎日することで、犬にも飼い主にも大きなストレスとなるようでは大変ですよね。

ですから、なにが何でも毎日やらなくては!と気合を入れすぎないようにしましょう。

犬が嫌がったらそこでやめてもいいですし、ブラシでこする方法以外を考えても良いでしょう。

例えば、歯磨き用に作られた玩具を与えてみたり、水に混ぜて飲ませるだけのデンタルケア用品を使ってみたり。

試行錯誤で方法を見つけてみましょう。

歯磨きのやり方

今まで一度も歯磨きをしたことが無い犬の口に、いきなり歯ブラシを突っ込むのはやめましょう!

驚いた拍子に、ガブリと噛まれる可能性が高いです。

歯磨きをしようと決めたら、まずは犬の口周りを触ることから始めます。

犬が口の周りを触られるのに慣れたら、今度は指で歯を触ってみましょう。

1日や2日で慣れるものではありませんので、気長に続けてみてください。

そのうち、指で歯に触れることが出来るようになったら、初めて歯ブラシの出番です。

これも様子を見ながら、前歯から少しずつ慣らしていきましょう。

最後に

犬の歯磨きの必要性についてお話をしましたが、参考になったでしょうか?

犬も人間と同じように、歯周病になるんですね。

しかも進行スピードが速いとのことですから、毎日の歯磨きの大切さが分かりますね。

どうしても歯を磨かれることが嫌いなワンちゃんには、飲み水に混ぜるタイプの粉末が売られているのでおすすめです。

また、歯磨き用の玩具を齧らせることで、遊びながら歯垢を除去することも出来ます。

ただし、玩具は遊んでくれない場合もあるので、とにかくいろいろ試してみるしかないですね。

愛犬がいつまでも自分の歯でご飯が食べられるように、歯のケアをしてあげましょう。