最近ペットショップでよく見かけるようになった、とても気になる爬虫類がいます。

それは、レオパードゲッコーです。

女性にも人気の爬虫類で、とにかく可愛らしい顔をしているんです!

fa156d92d8e3a2b1164e3cdda2a4d42e_s_120918_034917_AM

一目見て好きになってしまったレオパードゲッコーについて、その特徴や値段を調べてみました。

もし飼いたいと思われている方、どうぞ参考にしてみてくださいね。

レオパードゲッコーって、どんな動物?

「レオパ」の愛称で親しまれている爬虫類で、大きな目がとてもキュート。

飼育方法が比較的簡単ということもあり、女性にも大人気なんです。

ヒョウモントカゲモドキとも呼ばれていて、ヤモリ科トカゲモドキ亜科の動物です。

人気が出てきたのは最近ですが、ペットとしては結構古くから飼われている歴史があります。

生息地は中央アジアや西アジアの乾燥地帯で、夜行性です。

昼夜の温度差に対応出来る体をしているため、低温にも高温にも強いんですよ。

体長さは20~25cmと、比較的大きいです。

毒はなく、触られる事を嫌がらないので、スキンシップを取ることが出来ます。

スポンサーリンク

レオパードゲッコーの体は、どんな感じ?

体には、細かい鱗と大きな粒の鱗があります。

撫でると、粒々した感じがします。

大人になると体の色が変化します。いくつものカラーバリエーションがあるのも魅力。

脱皮をしますが、その皮は脱皮中に食べてしまうという特徴があります。

太い尻尾には、脂肪分が蓄えられています。トカゲと同じように、危険を感じたら自ら尻尾を切ることも可能。

切れた後には、ちゃんと再生尾が生えてきます。その場合、元の尻尾と違って鱗がありません。

また、レオパはヤモリの仲間ですが、瞼が動きます。そのため、とても表情豊かな印象を与えます。

値段は?

レオパードゲッコーを入手するには、ペットショップのほか専門店や爬虫類展示即売会などを利用する方法があります。

値段は、5000~8000円くらいが相場です。

珍しい色(アルビノなど)の場合には、数万円になる場合もあります。

最後に

最近ペットショップで見かけるようになった、レオパードゲッコー。

その生態や特徴、値段についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

大きな瞳と動く瞼が魅力で、パチパチと瞬きをする様子に魅了される女性も多いようです。

適応する温度の範囲が広いことや、鳴き声が殆どなかったり、性格も穏やかですので、飼育難易度は低めとなっています。

今回ご紹介した内容を見て飼育することを決めたら、次は飼育道具などについても調べてみてくださいね。