犬も年齢を重なると、食欲が落ちたり動きが鈍くなってきたりします。

体の大きさによって多少差はあるものの、犬は人間よりもずっと速く年をとります。

愛犬の様子に変化が見られたら、老化のサインかも知れませんよ。

da5b13abda0544cf49d09bb50c4adb85_s_011020_095737_AM

そうだとしたら、しっかりケアしてあげる必要があります。

ここでは、犬の老化現象についてお話をしていきます。

犬の老化って、いつから始まるの?

高齢犬と言われているのは、一般的に小・中型犬では10歳から、大型犬では8歳からです。

犬種や個体差、飼育環境の差もあるので、必ずしもこの通りというわけではありません。

ちなみに犬の場合は、体が大きくなるほど平均寿命が短くなります。

高齢犬になった愛犬が、これまでと違った様子を見せたら老化現象かも知れません。

勿論、病気の可能性もありますので、異変に気付いたらまずは動物病院に行ってみましょう。

それでは次に、犬の老化のサインを挙げて行きます。

犬の老化現象には、どんなものがあるの?

老化現象には様々なものがありますが、ここでは代表的な老化現象を挙げます。

食べる量が減る

食事の量が減ってきたら、老化のサインかも知れません。

ただし、病気の場合も食欲に変化が現れやすいので、素人では判断が難しいかも。

一度病院で診てもらいましょう。

眠る時間が増える

犬の老化現象でよく見られるのが、睡眠時間が長くなるということです。

年齢を重ねるほど、よく眠るようになります。

足腰が弱り、トボトボ歩く

若い時は元気いっぱいに歩いていた散歩道なのに、トボトボした歩き方になったり、段差を嫌がるようになったら、廊下のサインかも知れません。

足腰の筋力が衰えてくると、どうしても元気のない歩き方になってしまいます。

1回の散歩時間を減らし、回数を増やしてあげると良いでしょう。

または、コースを変更してなるべく平らな道を歩くようにすると良いですよ。

「歩かせるのは可哀想」と思って、散歩に連れて行かなくなるのは良くありません。

運動をしていないと筋力の衰えが早まり、一気に老化が進んでしまいます。

目、口、皮膚、被毛の変化

犬に多い目の病気に、白内障があります。

目が白く濁っていたら、病院で診察を受けましょう。

歯周病で口臭がしたり、目ヤニが出たり、被毛がパサつくなどの変化もあります。

視力や聴力も衰えてきます。

健康診断を受けましょう

犬の様子の変化が、老化によるものか病気によるものか、判断するのは難しいです。

定期的に健康診断を受けておけば、安心ですよ。

年齢に応じて、検査項目を追加するのも良いでしょう。

最後に

犬の老化現象についてお話をしましたが、いかがでしたか?

若くて元気いっぱいの愛犬も、いつかは年をとります。

今回紹介したのは、よく見られる老化現象だけです。

このほかにも、粗相が増えたり、徘徊したり、夜中に吠えたりなど、色々あります。

今までと違った様子が見られたら、病気の可能性もあるので動物病院に相談してみましょう。