人懐こくて高い知能を持つ、キバタンと言うオウムをご存知でしょうか?

ペットショップで見かける事もあり、多くの人に愛されている鳥なんです。

飼育難易度が高いので、実際に飼うのは鳥の扱いに慣れていないと大変でしょう。

a04aa81ba5e9a47393b12d4f5e583e6e_s_120618_114456_PM

飼育放棄のケースも多いようなので、飼う前に必ずキバタンという鳥について知っておいて下さいね。

ここでは、キバタンの特徴や魅力についてお話をしていきたいと思います。

キバタンって、どんな鳥なの?

原産国はオーストラリアで、体の大きさは約47~50cm。大型のオウムに属します。

寿命は大変長く、40~50年くらいです。飼育下では70年以上生きることも!

ですので、2世代での飼育をする家庭も多いようです。

飼いたいと思ったら、家族でしっかり相談した上で決める必要がありますね。

現在の価格の相場は350,000~450,000円ですが、次第に上昇しているようです。

体の色は白く、黄色い冠羽がチャームポイントです。

ヒナから育てることで、とてもよく懐きます。長寿と言う事もあり、一生のパートナーになることでしょう。

鳴き声はとても大きいです。

性別の判断は比較的簡単で、目の色を見ればOK!

オスは黒色で、メスは赤~茶色です。

スポンサーリンク

キバタンの魅力って何?

キバタンは、とにかく陽気でおおらか。

人間に対して友好的に接してくれますよ。

とても甘えん坊なので、ペットとの時間を多く楽しみたい人には最高のパートナーとなるでしょう。

逆に、あまり構ってあげないととても寂しがります。ストレスで体調を崩すことも。

キバタンを飼育するなら、キバタンを中心とした生活をする覚悟が必要です。

また、知能が高く遊ぶのが大好き!

頭が良いので、ただ木の棒を齧る程度では満足出来ません。

考えて遊べるようなオモチャが必要ですので、知育玩具を与えるようにしましょう。

その知能の高さゆえ、退屈に弱いです。ストレスで自分の羽根を引き抜く症状が現れることもあります。

ダンスや輪投げなどの芸を覚えたり、言葉もよく覚えて飼い主とのコミュニケーションを楽しんでくれます。

時には、高度なイタズラを仕掛けてくる事も!

最後に

真っ白な大きな体と黄色い冠羽が美しい、大型オウムのキバタン。

ペットショップで人気者である彼らの特徴や魅力についてお話しましたが、いかがでしたか?

キバタンは、陽気でフレンドリーな性格なので、一緒に生活をするととても楽しい時間が過ごせます。

ですが飼う時には、飼い主の寿命を超えて長生きする鳥であることをお忘れなく!

2世代3世代に渡ってお世話が出来るかどうか、しっかり話し合って決めましょう。

そして飼育を始めたら、キバタン中心の生活に切り替えていきましょう。