ふさふさの尻尾と大きな体が特徴的な、メインクーンという猫がいます。

とにかく大きな猫で、世界で一番大きいとも言われています。

f594e6ac3eb2e394045d8de2d993b324_s_030319_124021_AM

アメリカでの歴史がながいメインクーンは、水に強い分厚い毛も特徴と言えるでしょう。

ここでは、そんなメインクーンについて、特徴と性格をご紹介していきます。

メインクーンの体の大きさって、どれくらい?

メインクーンと言えば、猫の巨人とも言われるくらいの大型猫です。

大人になると体長が1メートルくらいになります。

体重は、オス6~8kg、メス4~6kgくらいです。

数字を見ただけで、かなり大きな体だということが分かりますね。

大人になるまでに、1~3年かかります。

メインクーンは子猫の時から大柄で、生後2か月で1.5kgくらいになる子もいます。

そして、生後半年で約4kgくらいになりますので、この時点で既に普通の猫の大人の大きさですね。

大体1年で成猫と同じ大きさになりますが、3年くらいは緩やかに成長が続く場合があります。

ギネス記録に載ったことも!

メインクーンは、その体の大きさでギネス記録に認定された事があります。

2017年時点で、イギリスのルドというメインクーンが世界最大の猫として認定されています。

体長118.3.cmというのですから、小学生低学年くらいの大きさですね!

スポンサーリンク

メインクーンは、どんな性格なの?

体が大きく迫力のある猫ですが、性格は穏やかで人に懐きやすいと言えます。

同居の動物たちとも上手くやっていけますし、人間の赤ちゃんとも仲良くしてくれるでしょう。

頭が良いので、しつけをしやすいです。噛み癖をやめさせるしつけも、しやすいでしょう。

性別による違いもあります。

他の猫と同じく、オスの方が温厚な性格をしていて人と一緒にいるのが好きです。

メスの方が、一人で居ることを好む傾向にあります。

飼育するなら、十分なスペースが確保出来るか確認しましょう

メインクーンは性格的には飼育しやすいと言えます。

ただ、やはり体が大きくなりますので、スペースは広めに確保してあげる必要があります。

食事の量も多くなりますので、その点も考慮して飼うかどうか決めるようにしましょう。

また、長毛で毛の量も多いです。毎日のブラッシングが必要になることも、頭に入れておきましょう。

最後に

今回は、世界一大きな猫であるメインクーンについて、特徴や性格をお話しました。

かなり大きな猫なので、飼育するためには十分な生活スペースが必要となります。

また、ブラッシングも欠かせませんので、忙しい人には向いていないでしょう。

ですがそれさえクリア出来れば、温厚で賢くしつけがしやすいので、飼い易い猫です。

きっと素敵な家族になってくれることでしょう。