全身がグレー一色の美しい猫、ロシアンブルー。

賢くてとても人気が高く、猫好きでなくても一度は耳にしたことがあるかも知れません。

美しいグリーンの瞳は、見ていると吸いこまれてしまいそう。

4093a1b8d7a1bbcabe90f3ff835c9ec0_s_022419_104718_PM

また、撫でた時の感触も良く、まるでベルベットの様だとも例えられています。

今回は、そんなロシアンブルーの特徴や性格についてお話をしていきます。

外見的な特徴は?

ロシアンブルーの最大の特徴は、美しく落ち着いた体の色でしょう。

中にはブラックやホワイトの子もいますが、基本的にはグレーで高貴なイメージがあります。

そして、瞳の色も特徴的です。

グリーンとブルーの中間のような、神秘的なエメラルドグリーンはとても魅力的です。

ロシアンブルーの顔はシュッと小ぶりなので、大きな宝石のような瞳がひと際目立ちます。

コブラヘッドと呼ばれる頭の形と、鼻筋の通った顔は気品タップリ。

また、口角が上がり気味なのも特徴で、なんとなくいつも微笑んでいるような表情に見えます。

これはロシアンスマイルとも呼ばれているんですよ。

スポンサーリンク

ロシアンブルーは、どんな性格なの?

インターネットで検索をしていると、ロシアンブルーについて「凶暴な性格」と書かれている事があります。

どうしてそんな事が書かれてしまったのでしょうか。

ロシアンブルーは温厚な性格の猫ですし、飼い主に従順なのも特徴の一つです。

考えられるのは、ストレスが溜まったために攻撃的になっているということ。

運動不足や生活環境の悪さが原因で、凶暴になったりもします。

これは飼い主の責任ですね。

または、来客があった時に「猫を見せて」と言われて、無理矢理知らない人の前に引っ張り出すのもよくあるケース。

初対面の人に対して、威嚇したり攻撃的になるのは仕方のない事です。

ロシアンブルーを攻撃的に感じた時には、まずは飼い主が自分の行動を見直すべきでしょう。

ロシアンブルーはとても頭が良く、飼い主に従順で飼いやすい猫です。

ただ、臆病で神経質な面があるので、知らない人の前に無理矢理出すのはやめましょう。

そして多頭飼育にも向いていないので、出来れば一匹で飼うことをおすすめします。

ロシアンブルーは、あまり鳴かない

ロシアンブルーは性格的にも大人しいのですが、鳴き声という面でも静かな猫です。

ボイスレスキャットと呼ばれる事もあるほど、鳴き声を出しません。ですから、マンションでの飼育に向いています。

体臭や口臭も少ないですよ。

最後に

今回は、高貴な外見が魅力のロシアンブルーについて、特徴や性格をご紹介いたしました。

大人しくて飼い主に従順な筈なのに、ネット上では「凶暴な猫」と書かれていることがあります。

決して凶暴だということは無く、少し臆病なだけです。

穏やかで飼い易い猫なので、ストレスを与えず優しく接してあげましょう。