フトアゴヒゲトカゲは、トカゲの中では人気No.1のペットなんですよ。

温和な性格で人に馴れるため、ハンドリングがしやすいというのが人気の秘密でしょう。

フトアゴヒゲトカゲの特徴的な動きも、見ていてとても楽しいものです。

a551f7e650fb66f233f02c599168c2c0_s_062619_093943_AM

品種も多く、自分好みの子を探す楽しみもありますよ。

今回はそんなフトアゴヒゲトカゲについて、特徴や飼育に必要な道具をご紹介いたします。

フトアゴヒゲトカゲって、どんなトカゲなの?

トカゲ目アガマ科フトアゴヒゲトカゲ属に分類されるトカゲで、太くて平らな体が特徴的です。

喉を膨らませる仕草や、首周りにあるトゲトゲが髭に見えることから、この名前がつきました。

性格は温和で、トゲのように見える部分も実はゴムのように柔らかいんです。

片腕をゆっくり回すアームウェービングという動作や、頭を激しく振るボビングといった動作が特徴的です。

この動きに魅了されて、飼育を決めたという人も多いようです。

尻尾の動きで気持ちを表現します。

興奮している時は上に反らせ、おびえていたり怒っている時は激しく揺らします。

寿命は平均で8年くらいです。

大人になると、体長は40~55cmくらいになります。

飼育に必要な道具

ケージ

爬虫類用のケージで、60~120cmサイズのものにしましょう。

大人になって狭そうでしたら、大きなケージに交換してあげて下さいね。

ライト類、湿度計

寒さが苦手なので、保温球を用意してください。

その他に、紫外線ライトとバスキングライトも必要です。

ソーラーグローUVなら両方一緒に照射出来て便利ですよ。

保温は、ライトの下で39℃くらいあると良いです。

25℃くらいの涼しい場所も用意しておきましょう。

タイマーサーモがあれば、温度管理がしやすいですよ。

湿度計をチェックし、60~70%を維持するようにしましょう。

エサ

コオロギなどの昆虫は、ピンセットで食べさせてあげましょう。

昆虫によってフトアゴヒゲトカゲが傷つく危険を避けると同時に、どれくらい食べたかの確認も出来ます。

また、カルシウムパウダーを舐めれるように、小皿に入れて置くと良いでしょう。

餌の頻度は、子供のうちは1日1回で、大人は2~3日に一回です。

水入れ

毎日、新鮮な水を用意しておきましょう。

床材

爬虫類専用のものを使うと良いでしょう。

消臭効果のあるものがおすすめです。

created by Rinker
ビバリア
¥1,506 (2019/11/15 20:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

ここでは、ペットとして人気の高いトカゲ、フトアゴヒゲトカゲについてご紹介いたしました。

見た目のいかつさとは異なり、大変穏やかで温和な性格で人によく馴れます。

丈夫なので初心者さんも飼育することが出来ますよ。

ハンドリングをしたいと思っている人におすすめの爬虫類です。