日本ではまだ馴染みがない名前ですが、トイガーという品種の猫がいます。

リビングで飼える虎として作りだされたトイガーは、見た目が虎にそっくり!

とは言え、やはり猫ですから、顔立ちは可愛らしいですよ。体の模様が虎に似ているのです。

37c8277eeeeb93aba22151ef977ad064_s_022419_111951_PM

トラ猫の比にならない程そっくりで、美しい虎柄に魅了される人が続出。

今回は、そんなトイガーの特徴や性格についてご紹介します。

トイガーには、どんな歴史があるの?

誕生したのは1980年頃で、新しい猫種だと言えます。トイガーを作り出したブリーダーは、元々はベンガルのブリーダーをしていました。ある時、虎のような模様の子猫が生まれたのをきっかけに、トイガーという猫種が誕生しました。

正式にTICAに登録されたのは、1990年です。

どんな特徴があるの?

外見的な特徴をご紹介しましょう。

まず体付きは、ベンガルのようにセミフォーリンタイプです。骨太でしっかりとした体をしています。

最大の特徴である被毛は、オレンジ色の地に、太い縞模様が入っています。

かなりはっきりとした縞模様で、頭部にも虎のようなハイライトが入っています。

上記の特徴がないと、トイガーとして認められていません。

スポンサーリンク

トイガーの性格は?飼育しやすいの?

トイガーは見た目が虎のようなので、ちょっと怖いと思われる人もいるようです。

でも性格は穏やかで、人間に対してフレンドリーです。

子供がいる家庭でも、安心して飼育出来る猫と言えるでしょう。

高い知能を持つため、好奇心が旺盛でよく遊びます。覚えが早いので、しつけもしやすいでしょう。

ただ、その高い知能のため、退屈がストレスになることも。

キャットタワーや玩具を用意してあげましょう。

トイガーはブリーダーから入手出来ます

トイガーは新しい猫種ということもあり、ペットショップで見かけることは殆どありません。

国内でのブリーダーもかなり少ないです。ですが、その数は徐々に増えてきています。

もっと繁殖が進めば、手に入りやすくなってくることが考えられます。

今すぐ欲しいという場合は、価格の相場は60万円くらいだと思っておきましょう。

ブリーダー探しの時は、ジュディ・サジェン(トイガーの生みの親)が認可した正式なブリーダーかどうか、きちんと確認しましょう。

最後に

オレンジ色の被毛に太い縞模様が、まるで本物の虎のように見える猫、それがトイガーです。

トイガーの歴史はまだ浅いので、ペットショップでの入手はかなり困難です。また、情報も少ないために偽物も出回っている可能性があります。ですから、ブリーダー探しは慎重に行いましょう。

今後繁殖数が増え、ペットショップで販売されるようになれば、価格も下がってくることでしょう。

穏やかで知能の高いトイガーは、とても飼い易い猫ですよ。