前回(2017年4月16日放送の第15話)では、今川家から謀反の疑いをかけられるも、今川家の「おんな大名」寿桂尼(浅岡ルリ子さん)と対面し、どうにか疑いを晴らして危機を免れた井伊直虎(柴咲コウさん)。

今回は、井伊家の財政難の解決に乗り出します。

e94e1a7b92b1794f9ff3130898654268_s_042617_122706_AM

と言うことで、2017年4月23日放送の「おんな城主 直虎」の第16話「綿毛の案」のあらすじと感想とネタバレ少々です。

第16回「綿毛の案」のあらすじ

第16回4月23日放送の副題は、赤毛のアンをもじった感もある「綿毛の案」です。

今川家からの疑いは晴らしたものの、井伊家にはまだ解決すべき問題がありました。財政難です。

そこで豪商・瀬戸方久(ムロツヨシさん)が直虎に提案したのは「木綿」の栽培です。いずれは麻に取って代わる素材であり、売れば必ずや儲けになるだろうと言うのです。

話に乗った直虎は、早速井伊の百姓に綿の実の栽培を持ちかけますが、百姓たちは一様に渋い顔です。それもそのはず、井伊では深刻な人手不足で、とても新しい畑作りに費やす余裕などなかったのです。

直虎は自ら他の村を渡り歩き、人を貸して欲しいと頼み込みますが、なかなか上手くいきません。

家臣の中野直之(矢本悠馬さん)や奥山六左衛門(田中美央さん)は「交渉ごとの得意な小野政次(高橋一生さん)を頼ればよいのでは」と言いますが、嫡男である虎松(寺田心さん)の後見人争いをしてしまった手前、直虎は「政次の手など借りたくない」と突っぱね、ひとり奮闘します。

道中、直虎は若い男(柳楽優弥さん)と出会います。

彼から「人が足りないなら買えばよい」という話を聞いた直虎は、人が買える場所を探すべく、人々で賑わう方久の茶屋に出向き情報収集に乗り出します。

するとそこには六左衛門から居場所を聞きだした政次の姿が。「ここで綿の実作りの噂を流してはどうか」と言い去っていきました。

その通り一芝居打ってみると、なんと翌日、噂を聞きつけて大勢の百姓たちが井伊谷に押し寄せたのです。喜ぶ一方で、政次の才覚に改めて打ちのめされる直虎。「やはり自分より政次のほうが井伊家当主にふさわしいのでは?」と悩む直虎に、南渓和尚(小林薫さん)は「政次を利用すればよい」と助言をかけます。

あくる日、直之が直虎に「種子島」という名の道具を見せていました。重くて長い、初めて見る「種子島」に目を丸くする直虎。

その頃、駿府では寿桂尼が病に倒れていて・・・。

スポンサーリンク

運命的な出会い・・・龍雲丸登場!

人手を借りるべく村々を周る道中、水場で直虎が出会った上機嫌に水浴びをする男。

今回から登場した、柳楽優弥さん演じる龍雲丸です。これが直虎にとって運命の出会いとなります。今回は、ほんの少しだけの出番で名乗ることもありませんが、赤い褌一丁で登場する龍雲丸の姿はインパクト抜群でした。

実は、盗賊団の頭領でありながら後に直虎に影響を与えていく人物とのことで、来週以降の登場にも期待させられます。

また演じる柳楽さんは、今回が大河ドラマ初出演。数年前から大河ドラマの主演を夢見て、なんと馬を買って乗馬の練習に励んでいたそうです。柳楽さんいわく龍雲丸は、乗馬はしないそうですが、出演が決まったときはとても嬉しかったとのことです。

数々の映画やドラマで個性的な存在感と高い演技力で見る者を引き付けてやまない柳楽さん。史実にはないオリジナルキャラクターである龍雲丸をどのように演じるのか、注目したいです。

噂を流す大芝居!直虎が歌い踊る!

方久の茶屋で、人を買える場所を探るべく噂を探ることにした直虎と直之。そこに、六左衛門から直虎の行き先を聞きだした政次が現れ、「噂を流せばいいのでは」と言い、去っていきました。

妙案とはいえ、政次からの助言に直虎は渋ります。すると、直之が突然「知っておるか、井伊ではただで土地がもらえるらしいぞ」と叫びます。先陣を切って噂を流すための、芝居を始めたのです。

これに方久も、そして直虎も乗っかり、芝居は次第に周囲の人々を巻き込み、歌えや踊れやのお祭り騒ぎに。

今回は、直虎が方々へ奔走するも、なかなか報われず、苦い顔をする場面が多かっただけに、このシーンはとてもにぎやかで、楽しく観ることが出来ました。

そして、直之を演じる矢本さん、直虎を演じる柴咲さんのとてもよく通る声も印象的でした。

個人的には、本作は直虎が次郎法師であったときから、お経を唱える場面で、柴咲さんの美声がとてもよく生かされていたと感じています。女優のみならず、歌手としても活躍されている柴咲さんならではの、とても魅力的な回だと思いました。

次回は「種子島」が消える?龍雲丸と再会!頑張れ虎松!

第16話のあらすじと感想をお伝えしました。

新キャラクターの若い男もとい龍雲丸の登場や、にぎやかで楽しい「噂」のシーンなど、新たな展開を予感させる回だったと思います。

次回(第17話)は、終盤で登場した直之が「種子島」と呼ぶ銃や、井伊家の嫡男である虎松がメインで展開されるようです。

また、公式サイトによると、早くも直虎と龍雲丸の再会もある模様。

井伊家のためにひた走る直虎の活躍と、彼女を取り巻く個性的な人々にも目が離せません。