大河ドラマ「おんな城主 直虎」、第49回「本能寺が変」を観ました。

徳川家康(阿部サダヲさん)は、織田信長(市川海老蔵さん)に招待されて安土城へ向かいます。

信長は家康を京都で殺そうとしていて、明智光秀(光石研さん)は逆に信長を殺すチャンスだと考えました。

歴史に名高い本能寺の変ですね。しかし家康が本能寺の変を事前に知っていたというのは新しい展開です。

7c6b491ea4c7b7bc32ee1e6e28238f3e_s_121717_014750_PM

サブタイトルの「本能寺が変」ですが、元ネタは特に無いようで、歴史の「本能寺の変」を1文字変えただけのようです。さて、どこが変なのでしょうか?

前回の第48回「信長、浜松来たいってよ」を見逃した方は、是非こちらをどうぞ。

おんな城主 直虎 第48回「信長、浜松来たいってよ」のあらすじとネタバレと感想。

それでは、第49回「本能寺が変」のあらすじと感想です。

信長の計画

家康は明智の作戦に乗り、信長への謀反に協力することに。万千代(菅田将暉さん)は龍潭寺に家康と明智の計画を報告します。織田は安土城で家康を歓待、次に境を観光するよう勧め、その後に本能寺の茶会に招いて家康を殺そうとしています。そこで逆に信長を殺す計画です。

万千代はおとわ(柴咲コウさん)に、本能寺で事が成った後、京の茶屋四郎次郎と協力して三河に帰る道をつけて欲しいと言います。

家康は主だった家臣を連れ、安土城に到着しました。そこには穴山信君(田中要次さん)の姿も。信長は、穴山信君も家康と一緒に殺そうと考えているようです。

一方おとわは、中野直之(矢本悠馬さん)、奥山六左衛門(田中美央さん)、瀬戸方久(ムロツヨシさん)を連れて、尼姿で京に向かい、茶屋四郎次郎に会います。四郎次郎は、宇治から三河に行くルートは、1つは宇治から伊賀を抜けて伊勢から船で三河に。もう1つは宇治から堺に行き船で三河に行くルートです。

おとわは中村屋(本田博太郎さん)を頼って堺に。堺はたくさんの人で賑わっていました。中村屋は、堺から知多に行くには、1度船を港に着ける必要があると言います。中村屋は南蛮船ならば一度も止まらずに行けるだろうと言います。そこで、異人に顔の利く、龍雲丸(柳楽優弥さん)に協力を求めることに。

スポンサーリンク

おとわと龍雲丸の再会

9年ぶりに龍雲丸と再会したおとわ。龍雲丸は「会いに来てくれたのか、おとわ」と、ラブラブモードになるかと思えば、おとわは「頭、頼みがある!」と挨拶もせずに用件を話し始めます。あんなに仲良く夫婦同然に暮らしていたのに、おとわの方はあっさりしたものですね…。

龍雲丸は堺で通詞(通訳)を仕事にしていました。龍雲丸は南蛮船を借りるには、金だけではない。女が必要だと言います。それも遊女ではなく、尼さんがいいと…。

おとわは「私に異人と添えと?」と驚きますが「いいぞ、やる」と了解、龍雲丸は「すぐ進めるからな、覚悟しとけよ」と、ちょっと怒った様子。

光秀の屈辱

安土城に、毛利攻めをしている羽柴秀吉から援軍の要請が来ました。信長は明智に、すぐさま援軍に行けと命じます。「いや、しかし」と戸惑う様が気に食わないのか、信長は明智を蹴り倒します。明智は逆らわず、それどころか信長のブーツについた自分の血を拭き取ります。信長はそんな明智に「光秀、そなたが良いと言うておるのじゃ」と、肩を叩きました。魔王に逆らえない、明智光秀…。謀反を起こそうと思いつめる心情が伝わります。

毛利攻めの援軍のために、安土城を離れる明智。家康らは計画を心配しますが「工夫して計画は実行する」とのこと。

おとわと龍雲丸

一方おとわは、本当に異人の伽をすることに。ポルトガル語で「愛しています」とキスを迫られたところで、首元に吹き矢の針が。龍雲丸得意の、眠り薬です。

ところがおとわも酒に薬を盛っていました。「ひょっとしたら頭は来てくれぬかもと思っての」と、ひょうひょうと答えます。「勝てねえ…」とつぶやく龍雲丸。

龍雲丸は9年ぶりの再会なのに、まったくつれない素振りのおとわに怒って、このような仕打ちをしたのです。

「一体なんだってこんな物騒な話に首を突っ込んだんでさぁ」と龍雲丸が聞くと、「われは今、戦を無くすための戦をしておるのじゃ」と、戦嫌いの徳川に天下を取ってもらおうと考えているを伝えます。「じゃ、おれも前向きに手伝うしかねえでさあね。」と、龍雲丸も協力をすることになりました。

家康の伊賀越

家康は、明智が信長を暗殺するまで、堺で待つことに。万千代はおとわたちにそれを報告します。

しかし明智からの連絡が来る前に、信長から京に参るようにという使いが来ました。家康は、信長から自分を殺そうとする気配が感じられないと判断、京に向かいます。

その頃、明智は愛宕神社でおみくじを引いていました。1回目、2回目は凶…。3度目に大吉が。明智は「敵は本能寺にあり!」と、信長を倒すために夜道を行軍します。

本能寺に向かう徳川一行は、山中で常慶と遭遇、明智の謀反が成功したことを知ります。そして二条城にいた信長の嫡男により、京では戦が始まっているとのこと。本能寺の映像が無く、伝聞での表現だったのは残念でした。

穴山に「何やら謀反が起こることを知っていたかのような口ぶり」と、徳川一行の様子がおかしいことに気付きます。そこに茶屋四郎次郎が現れ、宇治から三河への案内をしてくれることに。万千代は「皆様、一刻も早く三河に戻り、参陣致しましょう!」「おー!!」と、芝居がかったセリフで、穴山を誤魔化しつつ、三河へ向かいます。世に言う「家康の伊賀越え」です。

三河に戻った家康ですが、大名たちの様子を見るだけで動きません。慎重かつ戦嫌いな家康らしい判断。そして「徳川は空城を拾うことに徹する!」と、京への進軍はしませんでした。

おとわは「謀反の成り行きを見守ってから戻ろうと思う」と、堺に残ります。

次回は「石を次ぐもの」。

おんな城主 直虎 第50回「石を継ぐ者」(最終回)のあらすじとネタバレと感想。

おとわの「戦の無い世を」という意志ならぬ「石」は、誰にどのように引き継がれるのでしょうか?

いよいよ最終回、楽しみです。