甘えん坊で人懐っこいオカメインコ。

近年ではカラーバリエーションも増え、ペットとして注目を集めています。

1ceb16504527381fc8bcd667b4be12d2_s_092218_093638_PM

そんなオカメインコを育てていくには、ちょっとした気配りがあると良いですよ。

そこで今回は、育てる時に気をつけるポイントについてお話をしていきます。

オカメパニックに注意!

とても臆病なオカメインコなので、突然の物音にとても弱いです。

時にはパニックを起こして、ケージ内で大暴れをし怪我をする場合もあるんです。

地震でオカメパニックに陥ることも!

そんな時は、優しく声をかけて落ち着かせてあげてください。

スポンサーリンク

いじめに注意!

他の種類のインコと飼育している場合、注意が必要です。

体の大きなオカメインコですが、とても優しく穏やかな性格なので、自分より小さい鳥にいじめられたりするんです。

ですから、なるべくオカメインコだけで飼育することが望ましいです。

1日1回は遊んであげよう

甘えん坊で人間が大好きなオカメインコ。

私が飼ってた子も、よく頭をスリスリしてきていました。

仕事で昼間留守番をさせているようでしたら、帰宅したら1回でいいのでケージから出して遊んであげましょう。

複数で飼っている場合は、それほど気にしなくて大丈夫です。

食べ物は何がいいの?

オカメインコ用の餌

専用のペレットが売られていますが、大人になってからでは食いつきが悪いようです。

ヒナの時から食べさせるようにすると良いでしょう。

混合シード

既に皮が剥かれているタイプもありますが、栄養価は低いです。

掃除の手間が少しだけ増えますが、皮つきの方がおすすめです。

これしか食べないと、栄養が偏ります。ボレー粉や青菜も与えるようにしましょう。

カルシウムもしっかり摂取させねばなりません。

ヒマワリの種、麻の実

オカメインコの大好物です。与えすぎると太りますから、おやつ程度に考えておきましょう。

1日10粒までがおすすめです。

こまめに掃除をする

健康なオカメインコは、セキセイインコなどよりも白い粉がたくさん出ます。

脂粉と呼ばれるものですが、溜まるとケージが汚れていきますので掃除をしっかりしましょう。

水浴びさせよう

オカメインコは水浴びが好きなので、専用の器を入れてあげると喜びます。

温度と湿度

適温は、ヒナが28℃くらい。大人は24℃くらい。

冬は保温をしてあげましょう。

最後に

オカメインコを飼育する時に気をつけるポイントって、結構ありますね。

でも、それも難しいことではありません。

健康で長く生きてもらえるように、日ごろの健康観察も心がけましょう。

普段と違う気になる行動や様子が見られたら、獣医さんに診てもらうと安心ですよ。