うどんこ病は、ガーデニングをしている人が悩まされることの多い病気の一つです。

葉っぱにカビが住み着くことで、白くなってしまうのです。

ほとんどの植物に、発症する可能性があるんですよ。

3008798_s_072120_053318_PM

うどんこ病になると光合成を妨げられるので、葉が枯れていきます。

周囲の植物にも感染していくので、とても厄介です。

ここでは、うどんこ病の原因と治療法についてお話していきます。

うどんこ病の原因って、何?

うどんこ病の原因となっているのは、糸状菌です。

これは土や落ち葉に住むカビの仲間で、風に飛ばされて植物にくっつきます。

5~11月に発生しやすいので、予防をしておくようにしましょう。

うどんこ病は、与えている肥料の成分にも関係するんですよ。

カルシウム不足や、窒素過多はうどんこ病になりやすいです。

うどんこ病を予防しする方法は?

うどんこ病はを予防するには、育てる環境に気を配る必要があります。

葉が込み入ると掛りやすいので、余計な株や葉を整理する必要があります。

そして、日当たりの良い場所に置きましょう。

湿度を適切に保ち、土の水はけを良い状態にします。

水やりをすることで菌がとちびるのを防げますが、やり過ぎると湿度が高くなってしまいます。

また、薬を使っても予防出来ます。

農薬や殺菌剤を、前もって散布しておくと安心です。

同じ薬ばかりだと菌に耐性が出来てしまうので、何種類かを交互に使うようにしましょう。

うどんこ病の、治療方法は?

自然に任せる

うどんこ病になっても、自然治癒する場合もあります。

葉っぱに白い物がついていたら、酢や重曹を薄めた液をスプレーしてみましょう。

1週間おきにスプレーしていくと、初期段階なら効果を発揮します。

植物に勢いのある夏は、回復力も高いのでこの方法で治ることがあります。

ただ、症状が酷いと薬剤を使う必要が出て来ます。

薬剤散布

ひと口にうどんこ病と言っても、原因となるカビの種類はいくつかあります。

どの殺菌剤を使うか、対象となる植物の名前を確認してから使いましょう。

白くなった部分を切り取る

自然治癒せず、薬剤も効果がない場合は、白くなった部分を切り取りましょう。

最後に

植物の生育機に発生し、葉を枯らしていく「うどんこ病」は、園芸を楽しむ人たちの悩みの種です。

周りの植物にも感染していくので、葉に白い斑点があったら、早めに対策を取らねばなりません。

初期なら自作のスプレーで解決する場合もありますが、重症なら薬剤が必要です。

うどんこ病の時期の前に薬剤を散布しておけば、予防にもなりますよ。